THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ内閣が「サンドボックス」を承認、7月1日からプーケット再開

2021年6月22日 配信

タイ内閣が「サンドボックス」を承認、7月1日からプーケット再開

タイ内閣は2021年6月22日の閣議で、新型コロナウイルスワクチン接種済みの旅行者を隔離検疫なしで受け入れる「サンドボックス」の7月1日からの開始を承認しました。各報道が伝えています。



アヌチャー・ブラパチャイシー(อนุชา บูรพชัยศรี、Anucha Burapachasri)政府報道官は6月22日、この日行われた閣議で7月1日からの「サンドボックス」開始と、その後に続く7月15日からのサムイ島・パンガン島・タオ島(スラタニ県)の開放を承認したと明らかにしました。

タイに入国する旅行者は、入国証明書(COE)を提示し、www.entrythailand.go.thから登録し、「ThailandPlus」や「MorChana」といったアプリをインストールし、到着後に居場所の追跡ができるようにしなければなりません。

プーケット到着時と滞在中に旅行者は新型コロナウイルス検査を行い、陰性であれば、プーケット内どこでも自由に移動ができます。ただしSHA +認定ホテルに最低14日間滞在する必要があります。

7月15日から開放されるサムイ島、パンガン島、タオ島への旅行者は、最初の3日間はホテルに滞在する必要があります。4〜7日目は、封印されたルートに沿って移動が許可されます。その後、8日目以降は自由に島々を移動することができます。6日目または7日目と、12日目または13日目に2回の新型コロナウイルス検査が実施されます。

共に14日以降は他所へ移動可能ですが、島から出発する前に旅行者は、SHA +ホテルでの滞在と検査結果で陰性だった証明を提示する必要があります。

▼関連記事
CCSAは7月1日のプーケット再開を承認、7月15日はサムイ島、9月はチェンマイ・パタヤ等も
7月1日のプーケット「サンドボックス」開始に向けて準備は順調
7月1日からのプーケット開放、適切に改善して閣議決定へ
7月1日プーケット開放にタイ首相もゴーサイン!バンコク乗り継ぎも可能か
プーケットは2021年7月1日に開放!タイ国政府観光庁総裁が確認
タイ国際航空、7月1日からのプーケット開放に向けてヨーロッパ発プーケット行き直行便の販売開始
プーケットとパンガーで「トラベルバブル」、2021年7月からの外国人旅行者受け入れ開始で
2022年1月1日から自由にタイ旅行が可能になる計画、ワクチン接種済み旅行者に開放
プーケット再開には「ゼロコロナ」、トラベルバブルの議論再開も
タイ観光大臣~プーケット開放は2021年7月1日で予定変更なし、国内観光刺激は年末まで延長を
それでもプーケットは2021年7月1日から外国人観光客を受け入れる