THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

2022年1月1日から自由にタイ旅行が可能になる計画、ワクチン接種済み旅行者に開放

2021年5月12日 配信
2021年1月1日から自由にタイ旅行が可能になる計画、ワクチン接種済み旅行者に開放

タイ南部クラビ県ピピ島

現在新型コロナウイルス第3波に見舞われているタイですが、2021年7月1日からワクチン接種済みの旅行者に検疫無しでプーケットを開放する「サンドボックス」の計画は変更されていません。ワクチン接種済みの旅行者はプーケットに7日間滞在した後、その他の地域へ移動することができるようになります。



5月7日に行われたタイ観光・スポーツ省ピパット・ラチャキットプラカーン大臣が議長を務める国家観光政策委員会は、プーケットの「サンドボックス」は、計画通り実施されることを確認したとBangkok Postは伝えています。

10月1日からは「サンドボックス」の対象エリアを拡大。ワクチン接種済みの旅行者はクラビ(ピピ島など)、パンガー、スラトタニ(サムイ島、パンガン島、タオ島など)、チェンマイ、チョンブリ(パタヤなど)、ブリラム、ペッチャブリー、プラチュワップキーリカーン(ホアヒンなど)そしてバンコクを旅行できるようになる計画です。

さらに2022年1月1日からは、ワクチン接種済みの旅行者は、タイを自由に旅行できるようになるとのことです。

Phuket to reopen as planned|Banghkok Post

▼関連記事
プーケット再開には「ゼロコロナ」、トラベルバブルの議論再開も
タイ観光大臣~プーケット開放は2021年7月1日で予定変更なし、国内観光刺激は年末まで延長を
それでもプーケットは2021年7月1日から外国人観光客を受け入れる