THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

プーケットの旅行者受け入れ承認、7月1日以降はワクチン接種済みで隔離隔離なし

2021年3月27日 配信

プーケットの旅行者受け入れ承認、7月1日以降はワクチン接種済みで隔離隔離なし

タイ国政府観光庁(TAT)ユタサック・スパソーン総裁は2021年3月26日、新型コロナウイルスワクチン接種済みで陰性と判定されれば、プーケットなどを訪れる旅行者の隔離検疫期間を7日間に短縮することを発表しました。



また7月1日以降、プーケットを訪れる旅行者は、新型コロナウイルスワクチンを接種し陰性であることを条件に、隔離検疫が免除となります。しかしプーケットを開放するためには、7月1日までに島の70%の人がワクチンを接種して、集団免疫を作らなければならないとのこと。

2回のワクチン接種を受けた旅行者を、第2四半期(4月~6月)には、プーケット、パンガー、サムイ島、パタヤ、チェンマイで受け入れますが、7日間の隔離検疫を受ける必要があります。プーケットでは7月1日からは隔離検疫がなくなります。第4四半期(10月~12月)には、クラビ、パンガー、サムイ島、パタヤ、チェンマイでも隔離検疫なしで旅行者を受け入れる予定です。

第2四半期には約10万人の旅行者がプーケットを訪れ、2021年中には約650万人の旅行者がタイを訪れ、3,500億バーツの収入を生み出すことが期待されています。

Phuket Sandbox plan gets the green light…

#phuket #thailand #covid19 #quarantine #vaccine #tourism

The Phuket Newsさんの投稿 2021年3月26日金曜日

 

▼関連記事
プーケットでの「サンドボックス」は中国から、購買力の高いヨーロッパも
プーケットで外国人旅行者受け入れの「サンドボックス」モデルを試験運用へ