THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

ピン川の畔で朝食を~チェンマイ「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」

2019年7月22日 配信

ピン川の畔で朝食を~チェンマイ「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」

女子旅の目的地としても人気の、タイ北部の古都チェンマイ。数あるホテルの中で今回宿泊したのが、有名スパが手がけたホテル「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート(RarinJinda Wellness Spa Resort‎)」です。



ホテルに宿泊した時の楽しみの一つが朝食ですね。「1日の計は朝食にあり」ということで、「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」では、どの様な朝食がいただけるのか、前日の夜からワクワクしてしまいました(笑)。

 

朝食はレストラン「Deck 1」へ

「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」の朝食は、ホテルの目の前の道路を挟んで反対側にあるレストラン「Deck 1」へ。ブッフェ式の朝食が用意してあります。

ピン川の畔で朝食を~チェンマイ「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」

「Deck 1」へ向かう道路の横断は、警備員さんがしっかりとサポートしてくれますので安心ですね。

 

ピン川を眺める屋外の席へ

まずは席選び。エアコンの効いた屋内席も良いのですが、折角すぐ横がピン川なのですから、ピン川を正面に眺められる屋外のテラス席がお勧めです。

ピン川の流れる音が聞こえて来そうな屋外テラス席ですが、なんとこの日は貸し切り状態。なぜか他のお客さんはみな屋内席にいて、ちょっとラッキーでした!

 

ウェルネス(健康)の生搾りジュースも、シンプルでも充実のブッフェ

まずはドリンクから。ミルクやフルーツジュースが並ぶ中・・・

ウェルネス(健康)のためにと選んだのが、スイカと人参の100%生搾りジュース。人参ジュースが意外に甘かったのでスタッフさんに聞いてみると「砂糖は入っていませんよ。人参だけです」とのことでした。折角なのでおかわりもして、たっぷりいただきました。

さて、料理選び。まずはオムレツのオーダーをして、焼いてもらっている間に色々料理を見てみます。

このコーナーには、パートンコーと呼ばれる揚げパンに豆乳。保温ガラスケースの中には中華マンやシュウマイなどがありました。

パートンコーはたっぷりの練乳で食べると美味しいですね。街に出ると屋台で売られていることが多い、タイの朝食メニューの定番です。

シリアルのコーナー。

サラダに、お好みで選べる数種類のチーズ・・・

フルーツにスイーツも・・・。

パンの種類も豊富で・・・

好きなパンを選んで・・・

珍しいバナナのジャムでいただきました。色合いは地味ですが、美味しいですよ。

さらに続きます。ベーコンにソーセージはブッフェの定番・・・

そしてタイ料理のメニューもあります。この日は焼きソバとニガウリの卵炒めなど・・・。他にもお粥なんかもありますね。

一通り揃ったところで、いただきます。

なお最後には、たこ焼き器のようなもので作る、出来たての熱々のココナッツを使ったタイの伝統スイーツ・カノムクロックです。

ゆっくり1時間ほどかけてたっぷり朝食をいただき、満足したところで、チェンマイの街巡りへ出発です。

 

RarinJinda Wellness Spa Resort‎

[住所]
1, 14 Chareonraj Rd., T. Wat Kate, A. Muang, Chiang Mai
[電話]
053-247000, 053-303030
[email]
rsvn@rarinjinda.com
[ウェブ]
http://www.rarinjinda.com/

 

▼関連記事
チェンマイ「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」は有名スパが手がけた癒やしのホテル
アロマの香る客室で眠る~チェンマイ「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」
中庭のプールとフィットネス、朝夕のYOGAも~チェンマイ「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」
ピン川の畔で朝食を~チェンマイ「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」
チェンマイでスパ体験「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」

「Deck1」はピン川沿いのフュージョンレストラン~フルーツが料理を引き立てる