THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

アロマの香る客室で眠る~チェンマイ「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」

2019年7月19日 配信

アロマの香る部屋~チェンマイ「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」

バンコクから飛行機で1時間20分、北タイの古都チェンマイにやって来ました。今回宿泊したのは、古い家屋が多く残るピン川沿いにあるホテル「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート(RarinJinda Wellness Spa Resort‎)」。



廃墟同然だった築140年以上にもなる建物をリノベーションしたのが、「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」のレセプションです。ウェエルカムドリンクのよく冷えた椰子の実ジュース飲みながらチェックイン。鍵を受け取り、早速部屋に向かいました。

プールのある中庭を通って、客室のある建物に移動です。

 

部屋に入った瞬間に香るアロマ

4階のDELUXE ROOM。客室の扉を開けた瞬間香るアロマ。何と言っても「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」は、バンコクなどで有名スパを運営するSiam Wellness Groupが手がけたホテルですから、客室もリラクゼーションに拘っています。時間が経って、アロマの火が消えてしまったら、スタッフさんに追加をお願いしましょう。

ウェルカムフルーツも用意されていました。

客室はこういった感じです。広々としたスペースに大型のベットとソファ、机、大型のテレビ、冷蔵庫。奥のベランダにも寝そべれるようなスペースがありますね。

ベランダからは中庭が見渡せます。1階の部屋は、直接部屋からプールに飛び込めるようになっているようですね!

ベランダから部屋の中を見てみました。正面の窓の向こうはバスルームです。

スパの「ラリンジンダ」。アメニティにも手を抜きません。なんと石鹸は3種類。ここで試しに全部使ってみるか、残りを持ち帰るか悩みますよね(笑)。

バスルームは広々で、大きな鏡も・・

当然バスタブもあります。窓を開けた開放感の中で、ゆっくりとお湯に浸かりたいですね。

 

プールへ飛び込みたい!1番人気は1階の部屋

ホテルのスタッフさんによると、1番人気の部屋は、客室からプールに飛び込める1階の部屋DELUXE POOL ACCESS ROOMだそうす。

部屋の造り自体は先程とかわりませんが、目の前はプール。

チェンマイの街を観光をするのを忘れて、ずっとここで過ごしたくなりますね。リゾートですね!

他にも、大きなバスタブがあるWELLNESS SUITEや・・・

最上階には1室のみ。RARINJINDA VILLAがあります。

ベッドルームは2つで、バルコニーにジャグジーも。

滞在のスタイルや人数、予算によって、お好みのお部屋選びを。

 

RarinJinda Wellness Spa Resort‎

[住所]
1, 14 Chareonraj Rd., T. Wat Kate, A. Muang, Chiang Mai
[電話]
053-247000, 053-303030
[email]
rsvn@rarinjinda.com
[ウェブ]
http://www.rarinjinda.com/

 

▼関連記事
チェンマイ「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」は有名スパが手がけた癒やしのホテル
アロマの香る客室で眠る~チェンマイ「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」
中庭のプールとフィットネス、朝夕のYOGAも~チェンマイ「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」
ピン川の畔で朝食を~チェンマイ「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」
チェンマイでスパ体験「ラリンジンダ ウェルネス スパ リゾート」

「Deck1」はピン川沿いのフュージョンレストラン~フルーツが料理を引き立てる