THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バンコクで人口の7割がワクチン接種2回完了、11月1日から外国人に開放

2021年10月20日 配信

バンコクで7割がワクチン接種2回完了、11月1日から外国人に開放

タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration:CCSA>は2021年10月19日(火)、バンコク都の人口のおよそ7割がワクチン接種を終えたと明らかにしました。


 

バンコク都は11月1日から、低リスク国からのワクチン接種済み旅行者の受け入れ開始を行います。そのための条件の一つが人口の7割にワクチンを完全接種することでした。これが達成されたことで、バンコク都の開放は可能となりました。

バンコク地域の770万人の人々への接種は、2021年2月から開始。当初は医療従事者など感染高リスクの人々や、基礎疾患のある人々でした。8月からは在住日本人も、日本大使館の手配などもあって接種が容易となりました。

バンコク都によると、これまで543万7,553人が2回目のワクチン接種を受けており、人口の70.63%が接種したことになります。

 

▼関連記事
11月1日のタイ再開国は「時期尚早」60.1%【世論調査】
タイ開国の対象国、発表は先送り
あsdタイ首相が2021年11月1日からの開国を表明、12月1日までに娯楽施設の再開も