THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

ペチャブリ県のヤシの木ジュース「ナムターンソッド」

2021年2月26日 配信

バンコク中心部からなら車で2時間半ほどの場所にある、ペチャブリ県のヤシの木畑「スワンターンルンパノム(สวนตาลลุงถนอม Uncle Tanom Palm orchard)」へ。



ここを訪れた目的は、「ナムターンソッド(น้ำตาลสด)」というヤシの木ジュースを飲むこと。日本語ではオウギヤシと呼ぶトンターン(ต้นตาล)というヤシの木の雄株の花序の液を採取し、煮て出来上がったのが「ナムターンソッド(น้ำตาลสด)」です。

トンターン(ต้นตาล)というヤシの木が並ぶ畑。雄株と雌株があり、雌株にはルークターン(ลูกตาล)という実が成って、雄株からは「ナムターンソッド(น้ำตาลสด)」の液が採れるんです。

スタッフさんによると液を採るには、毎日休まず雌株の木に登って、「グアンマプラーオ(งวงมะพร้าว)<ココナッツのゾウの鼻という意味>」と呼ばれる花序をマッサージをしてあげる必要があります。マッサージを6日間も続けて、ようやく7日目に液きるようになります。なおマッサージを1日でも休むと振り出しに戻ってしまい、また6日間続けてマッサージをしてあげない採取ができないのだそうです。

ちなみに液は一年中採取が可能ですが、暑かったり寒かったり寒暖の差が大きいとよく採れず、暑い日が続いたり寒い日が続いたりすると沢山採れるとのことでした。

「ナムターンソッド(น้ำตาลสด)」は1本50バーツです。別の生産者は3本100バーツなどもっと安く販売していたりするそうですが、スタッフさんは品質を高めてこの価格なのだと自信をもって薦めてくれました。

早速一本買って、この場所でいただきます。コップと氷は用意してくれますので、冷たい「ナムターンソッド(น้ำตาลสด)」が飲めるんです。

早速一口。ここの「ナムターンソッド(น้ำตาลสด)」は、スッキリとした甘さで「植物から出てきましたよ!」と伝わってくるかのような芳醇な香り、そしてほんのりココナッツの風味もするんですね!これは美味しい!手間をかけてできた「ナムターンソッド(น้ำตาลสด)」は、試す価値ありです!

 

สวนตาลลุงถนอม Uncle Tanom Palm orchard

[営業時間]
8時30分~18時00分
[住所]
Tham Rong, Ban Lat District, Phetchaburi 76150
[電話]
0878007716
[ウェブ]
https://www.facebook.com/
https://sites.google.com/view/phetchaburi017