THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

カオラック「ザ・サロジン」のスパ、自然の中でのマッサージが気持ち良すぎて熟睡

2018年7月14日 配信
「パスウェイズスパ(PATHWAYS SPA)」へ続く道

「パスウェイズスパ(PATHWAYS SPA)」へ続く道

タイの首都バンコクからプーケットへの1時間半のフライト。そこから北へ車で1時間半行ったところにあるのが、最近日本人にも人気が上昇中の、アンダマン海に面したビーチリゾート・カオラックです。カオラックには空港がないこともあって、プーケットのような観光客が殺到するような賑わいはなく、静かな休暇を過ごしたい人にはピッタリの、まさに隠れ家リゾートです。



そんなカオラックで今回宿泊したのは「ザ・サロジン」。人気のホテルなのにもかかわらず広大な敷地内に部屋数がわずか56室なので、特にハイシーズン(11月から3月くらい)はお早めの予約を。

 

パスウェイズスパ(PATHWAYS SPA)で旅の疲れを癒やす

旅の疲れを癒やすために、到着する日に予約をしてあった「ザ・サロジン」の敷地内にある「パスウェイズスパ(PATHWAYS SPA)」へ。

「ザ・サロジン(The Sarojin)」の「パスウェイズスパ(PATHWAYS SPA)」

予約してあることを告げると、まずはお茶と冷たいお絞りでおもてなしです。

マッサージ用のアロマオイルは、一つ一つ香りを確かめて、好みの物を選びます。

オイルを選んだら、セラピストさんと共にトリートメントルームへ。

 

自然と調和したオープンエアのトリートメントルーム

あえて素朴にデザインされたトリートメントルームは周りの自然と調和し、なんとも言えない心地の良さ。

実はこのトリートメントルームはオープンエアになっていて、目の前には緑の木々が広がっています。まさに自然の中でのマッサージ。エアコンはありませんが、天井の大きな扇風機の優しい風がとっても気持ち良いのです。

「ザ・サロジン」はさすが五つ星ホテルなだけあって、セラピストさんの腕も確か。マッサージが気持ちよすぎて、すぐに眠りに落ちてしまいました。熟睡してしまったので、気が付いたら時間は終了。こんなに気落ちの良いマッサージなんだから、寝ずにずっと起きていて、気持ち良さを意識していればよかったと、ちょっと悔やんだのです(笑)。

マッサージのあとはお茶とフルーツをいただいて終了。旅で疲れた体も心も、「パスウェイズスパ」ですっかりリフレッシュしたのでした。

 

ザ・サロジン(The Sarojin)

[住所]
60, Moo 2, Kukkak, Takuapa, Phang Nga 82190, Thailand.
[電話]
076-427-900~4
[ウェブ]
http://www.sarojin.com
https://www.facebook.com/thesarojin.thailand/

 

▼関連記事
カオラック「ザ・サロジン」最後の夜はプライベートダイニングで
テーブルクロスが演出する食堂でのランチ~「ザ・サロジン」のツアーでカオラック巡り
マングローブを貸し切りボートの旅~「ザ・サロジン」のツアーでカオラック巡り
カシューナッツ&まな板工場~「ザ・サロジン」のツアーでカオラック街巡り
カオラック「ザ・サロジン」自慢の朝食はスパークリングワインを飲みながら
カオラック「ザ・サロジン」の3コースディナーはタイ産ワインと共に・・・
自然の中のマッサージで気持ち良すぎて熟睡~カオラック「ザ・サロジン」のスパ
カオラック「ザ・サロジン」 目の前のビーチと庭の真ん中の大きなプール
池の畔のレストラン「ファイカス」で昼食を~カオラック「ザ・サロジン」でのバケーション
カオラック「ザ・サロジン」の客室、太陽の光が溢れる広々としたバスルーム
カオラック「ザ・サロジン」をオープン直前に襲った2004年12月26日の大津波
ザ・サロジン:神話から生まれたタイ南部カオラックのリゾートホテルで最高の休暇を