THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

ザ・サロジン:神話から生まれたタイ南部カオラックのリゾートホテルで最高の休暇を

2018年7月7日 配信

ザ・サロジン:神話から生まれたタイ南部カオラックのリゾートホテルで最高の休暇を

タイ南部・アンダマン海に面したカオラックは、ゆったりとした気分で静かな休暇を楽しみたい欧米人に人気のビーチリゾート。最近は高級リゾートホテルの建設が進んでおり、日本人にも人気になりつつあるのだとか。



プーケット空港から快適な送迎車でカオラック「ザ・サロジン」へ

そんなカオラックで目指すは、人気のリゾートホテル「ザ・サロジン(The Sarojin)」です。

プーケット空港から「ザ・サロジン」までの道のりは、お願いしてあった送迎車で1時間半ほどです。送迎車には冷たいオシボリと冷たいドリンクのサービスがあり、Wi-Fiも付いて、移動は快適その物。景色を眺めたり、スマホでインターネットをしたりしているうちに、あっという間に「ザ・サロジン」に到着しました。

プーケットから「ザ・サロジン」へは、タクシーやレンタカーなどで向かう方法もありますが、プーケット空港を出た瞬間からリッチなリゾート気分になれる、送迎車がおすすめです。

 

海外のホテルでは嬉しい日本人スタッフさん

いかにも南国のリゾートホテルといった佇まいの「ザ・サロジン」のフロント・ロビーで、ウェルカムドリンクと冷たいおしぼりで一息付きながら、ちょっとだけスタッフさんとお話。そうなんです、「ザ・サロジン」には日本人の女性スタッフさんが常駐していているんです!カオラックのことや、ホテルのことなど、分からないことは何でも聞いてしまいましょう。海外のホテルでは「言葉が通じなかったらどうしよう」という不安は付きものですので、そんな時に日本人スタッフさんがいてくれるのは心強いですね。レストランのメニューも日本語対応なのも嬉しいですね。

 

神話の人、レディ・サロジンのおもてなしの心を引き継いだ「ザ・サロジン」

実はホテルの名前になっている”サロジン”というのは、神話に登場するレディ・サロジンのこと。「ザ・サロジン」の公式サイトによると・・・。

LADY SAROJINの神話
Lady Sarojin、その昔タイの貴族の家に生まれた娘Lady Sarojinは、母親の亡き後その家の仕事の一切を受け継ぎ、父親の元を訪れるゲストには快適に滞在できるよう手厚くもてなしました。
彼女のすばらしいホスピタリティーに感銘を受け、そのもてなしを楽しみに遠くはるばるからも何度も足を運ぶゲストがいたといいます。
今日私たちスタッフ一人一人がLady Sarojinの精神を受け継ぎ、ゲストの皆様に心ゆくまでご滞在を満喫し、The Sarojinの中にLady Sarojinのその面影を感じていただけますよう、日々努めております。

そんなレディ・サロジンの精神を受け継いだスタッフのみなさんが、温かな最高のおもてなしで、私達を迎えてくれるのです。

(続く・・・)

 

ザ・サロジン(The Sarojin)

[住所]
60, Moo 2, Kukkak, Takuapa, Phang Nga 82190, Thailand.
[電話]
076-427-900~4
[ウェブ]
http://www.sarojin.com
https://www.facebook.com/thesarojin.thailand/

 

▼関連記事
カオラック「ザ・サロジン」最後の夜はプライベートダイニングで
テーブルクロスが演出する食堂でのランチ~「ザ・サロジン」のツアーでカオラック巡り
マングローブを貸し切りボートの旅~「ザ・サロジン」のツアーでカオラック巡り
カシューナッツ&まな板工場~「ザ・サロジン」のツアーでカオラック街巡り
カオラック「ザ・サロジン」自慢の朝食はスパークリングワインを飲みながら
カオラック「ザ・サロジン」の3コースディナーはタイ産ワインと共に・・・
自然の中のマッサージで気持ち良すぎて熟睡~カオラック「ザ・サロジン」のスパ
カオラック「ザ・サロジン」 目の前のビーチと庭の真ん中の大きなプール
池の畔のレストラン「ファイカス」で昼食を~カオラック「ザ・サロジン」でのバケーション
カオラック「ザ・サロジン」の客室、太陽の光が溢れる広々としたバスルーム
カオラック「ザ・サロジン」をオープン直前に襲った2004年12月26日の大津波
ザ・サロジン:神話から生まれたタイ南部カオラックのリゾートホテルで最高の休暇を