THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バンコクのタイ国鉄レッドラインが開通、日本がプロジェクトに参加

2021年8月2日 配信
バンコクのタイ国鉄レッドラインが開通、日本がプロジェクトに参加

©タイ国鉄

タイ国有鉄道(SRT)レッドラインが、2021年8月2日にソフトオープン。バンスー中央駅では開通を記念する式典が開催され、プラユット首相はリモートで参加しました。



8月2日から開通したのは、バンスー駅=バンスー中央駅=ランシット駅。11月まで乗客は無料で乗車でき、その後は12バーツから42バーツの範囲で運賃が徴収されます。始発は朝6時です。

レッドラインのプロジェクトには、日本から三菱重工業・日立製作所・住友商事が参加。車両は日立製となります。

バンコクレッドライン建設プロジェクト受注、三菱重工業・日立製作所・住友商事が共同で
日立、バンコク都市鉄道レッドラインの新型鉄道車両を出荷開始

 

▼関連記事
タイ国鉄レッドラインが2021年8月2日にソフトオープン、3ヶ月運賃無料
「バンコク都市鉄道レッドラインの運賃が高い」と運輸省が値下げを命令
バンコクのレッドラインが2021年3月26日より試験運行開始
バンコク都市鉄道「SRTレッドライン」、2021年3月より試験開通で3ヶ月間無料乗車
レッドライン(バンスー駅=ランシット駅)、2021年11月に正式開通
日立、バンコク都市鉄道レッドラインの新型鉄道車両を出荷開始
SRTレッドラインの開通は2021年に延期
バンコクレッドライン建設プロジェクト受注、三菱重工業・日立製作所・住友商事が共同で
タイ国鉄バンスー駅、建設工事の様子を鉄道から見る