THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

パタヤは2021年10月から外国人旅行者を受け入れ予定、ラン島「サンドボックス」案も

2021年6月11日 配信
パタヤは10月に開放予定、ラン島「サンドボックス」案も

©PRPATTAYA ソンタヤー・クンプルーム パタヤ市長

外国人に高い人気を誇るタイ東部チョンブリ県のビーチリゾート・パタヤは、2021年10月1日より新型コロナウイルスワクチン接種済み外国人旅行者を、隔離検疫無しで受け入れる予定です。



6月9日、パタヤ市のソンタヤー・クンプルーム市長とタイ国政府観光庁のユタサック・スパソーン総裁、そしてパタヤの観光協会の幹部らで、外国人観光客受け入れに関する計画の議論を行いました。

7月1日にはプーケットが、ワクチン接種済みの外国人を隔離なしで受け入れる「サンドボックスモデル」を開始。「サンドボックスモデル」では、外国人旅行者はプーケットで14日間を過ごした後に、タイ国内の他の地域の旅行が可能になります。またサムイ島も「封鎖ルートモデル」での外国人旅行者受け入れ開始を計画しており、「封鎖ルートモデル」では最初の7日間は決められたルートの旅行で、次の7日間は決められたサムイ島・タオ島といった近隣地域への移動が可能になり、その後タイ国内の他の地域への旅行が可能になります。

パタヤの外国人旅行者受け入れ予定日は10月1日。受け入れ方法は、バンラムン(パタヤ)とサッタヒープを中心とした「封鎖ルートモデル」も検討されています。さらにパタヤ沖のラン島での「サンドボックスモデル」も検討されているとのことです。

なお市長によると、バンラムンとサッタヒープの住民の少なくとも70%が、7月末までにワクチン接種を受ける予定です。

 

▼関連記事
「サムイ島封鎖ルートモデル」で7月1日からの外国人受け入れを希望
サムイ島も7月1日からワクチン接種済み外国人旅行者の受け入れ計画
7月1日からのプーケット開放、適切に改善して閣議決定へ
タイ北部チェンマイ、2021年8月1日からの外国人旅行者受け入れを計画
バンコクやチェンマイなど10都県を2021年10月には隔離検疫なしで外国人旅行者に開放