THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

福島県・相馬沖産の鮮魚、バンコクの寿司店で販売開始

2021年6月11日 配信

福島県・相馬沖産の鮮魚、バンコクの寿司店で販売開始

タイ・バンコクの寿司店「すし勝」(サイアム高島屋内)にて、福島県・相馬沖で獲れたヒラメ、メバル、スズキといった鮮魚が販売開始され、今後も定期的に輸出されることになりました



一般社団法人東の食の会(東京都品川区)が進めている「東北グローバルチャレンジ」プロジェクトを通じて、福島県・相馬沖産の鮮魚(ヒラメ、メバル、スズキ)が、2021年6月4日(金)より、タイ・バンコクの「サイアム高島屋」にある寿司店「すし勝(Sushi Katsu)」で通常販売として提供開始されました。刺身として提供された魚の質・鮮度の良さに、現地の顧客の評価も高く、今後継続的に輸出・販売されていく予定です。

この取り組みは、一般社団法人 東の食の会と特定非営利活動法人 ETIC.が事務局となり、J.P.モルガンの協賛を受け、東北の食を世界に発信し輸出する「東北グローバルチャレンジ」プロジェクト(https://tohokuglobal.com)の一環として行われたものです。

「東北グローバルチャレンジ」プロジェクトでは、福島県産の鮮魚を含め、東北の食を、文化やストーリーと共に世界に伝えることで、輸出を拡大していくことに取り組んでいます。

福島県産の鮮魚は、この「東北グローバルチャレンジ」プロジェクトの下で、震災後初めてタイに輸出され、2019年11月21日から12月4日までタイ・バンコクの高級デパート「サイアム・パラゴン」にて開催された日本食材の催事イベント「ジャパン・プレミアム・フード・フェア」にて販売されました。2021年3月には東北の食の事業者とバンコクの飲食店等とのオンライン商談会を実施、今回の福島県産の鮮魚の通常販売に繋がりました。

今後は、7月下旬にパリにて、東北の食の事業者とパリのシェフやバイヤー、食のインフルエンサーをオンラインで繋いで、東北の生産者の食と酒のマリアージュを提供しながら、東北の食文化と共に震災から10年の軌跡と想いをプレゼンテーションするイベントを開催予定です。