THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

アニメ「AKIRA」がタイの映画館で上映、2020年7月2日~

2020年7月2日 配信

アニメ「AKIRA」がタイの映画館で上映、2020年7月2日~

1988年に公開された大友克洋原作のアニメ映画「AKIRA」が、2020年7月2日よりタイの映画館Major Cineplexで上映されます。



「AKIRA」は、1982年から「ヤングマガジン」で連載された同名漫画を、原作の大友克洋が自ら監督を努めてアニメ映画化。独特の世界観が人気となり、世界中に知られた作品となりました。

今回Major Cineplexでは、7月2日・3日・4日・5日・7日・11日・12日に各劇場で上映。日本語音声とタイ語字幕、タイ語音声の回を選択できます。

上映される劇場とスケジュールは以下よりご確認ください。https://www.majorcineplex.com/booking2/search_showtime/movie=1296

もう始まっている、もう止まらない…

1988年7月、関東地区に新型爆弾が使用され、第三次世界大戦が勃発した。そして31年―東京湾上に構築されたメガロポリス=ネオ東京は、翌年にオリンピック開催を控え、かつての繁栄を取り戻しつつあった。2019年のある夜、ネオ東京郊外の閉鎖された高速道路に侵入するバイクの一団があった。健康優良不良少年、金田をリ一ダーとする職業訓練高校の生徒達だ。一団は無人のはずの路上で掌に26と記された奇妙な小男と遭遇、先頭を行く島鉄雄は転倒、負傷する。この26号(タカシ)は、アーミーと対立するゲリラが求める軍事機密(アキラ)とまちがわれ、軍事基地にあるラボ(研究所)から連れ出され、アーミーに追われていた。あっけにとられる金田達の眼前に突如軍用ヘリが下降、26号と同じようなしわだらけの子供、27号(マサル)の乗るカプセルと大佐が降りてくると、26号と倒れた鉄雄をへリに収容し、飛び去った。(INTRODUCTION|『AKIRA』4Kリマスター 公式サイトより)

 

AKIRA

[監督]
大友克洋
[脚本]
大友克洋  橋本以蔵
[原作]
大友克洋『AKIRA』
[声の出演]
岩田光央  佐々木望  小山茉美  玄田哲章  石田太郎  鈴木瑞穂  淵崎有里子
[ウェブ]
https://v-storage.bnarts.jp/sp-site/akira/