THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

パタヤでレストラン摘発、アルコール販売違反と社会的距離違反

2020年6月18日 配信

パタヤでレストラン摘発、アルコール販売違反と社会的距離違反

タイでは新型コロナウイルス感染者の減少により、これまで様々な業種に課されてきた制限が緩和されてきています。2020年6月15日からはレストランでの飲酒が許可されましたが、バーやパブは現在も営業が許可されていません。



パタヤニュースによるとタイ警察パタヤ署とバンラムン署は2020年6月16日夜、パタヤ全域のレストランや施設の検査をし、アルコール販売と社会的な距離を保つためのルールに違反しているとして、複数箇所を閉店させ警告を行っています。

警察によると、6月15日からのレストランでの飲酒許可は食事とともに酒を楽しむためのものであり、バーやパブのように食事をせず、主に飲酒だけをすることを奨励していないとのこと。店がレストランとしての営業許可を取得していても、アルコール販売が主であればバーやパブと同様であるため、罰金を科し、閉鎖させるとしています。