THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

クルンテープとはなんのことですか?

2015年9月22日 配信

Q

「クルンテープ」という言葉をよく聞きますが、どんな意味ですか。



Q

「クルンテープ」というのはバンコクのことなんです。

バンコクという名称は、主に外国人が使うもので、タイ人の間ではほとんど利用されないそうです。Wikipediaによると『バンコクの語は、「バーンマコーク (บางมะกอก)」が訛った「バーンコーク (บางกอก<) 」がさらに訛ったものである。バーンマコークとは「アムラタマゴノキ (オリーブに外見の似たウルシ科の樹木、Spondias magnifera) の水村」という意味である。」 』とあります。

「クルーンテープ」ですが、実はこれも正式な名称でなく、本来はものすごく長いのです。

クルンテープマハーナコーン アモーンラッタナコーシン マヒンタラーユッタヤーマハーディロック ポップノッパラット ラーチャターニーブリーロム ウドムラーチャニウェート マハーサターン アモーンピマーン アワターンサティット サッカタッティヤウィッサヌカムプラシット

意味は以下(Wikipediaより)。

イン神(インドラ、帝釈天)がウィッサヌカム神(ヴィシュヌカルマ神)に命じてお作りになった、神が権化としてお住みになる、多くの大宮殿を持ち、九宝のように楽しい王の都、最高・偉大な地、イン神の戦争のない平和な、イン神の不滅の宝石のような、偉大な天使の都。

あまりに長すぎるので、「クルンテープ」だとか「クルンテープマハーナコーン」と呼ぶのが一般的ですね。