THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

寂しすぎるバンコク・カオサン通りと周辺エリア<2020年11月7日(土)昼間>

2020年11月7日 配信

バックパッカーの聖地と言われ、外国人旅行者で溢れていたバンコク・カオサン通り。現在はコロナ禍で外国人旅行者は消えていますが、そんな中でバンコク都による約4800万バーツの予算をかけた大規模改修も終え、露店も復活なのですが・・・。



2020年11月7日(土)の午後、現在のカオサン通りはどんなものかと訪れてみましたが、それはもう寂しいものでした・・・。土曜日なのに人はまばら。

営業しているお店もありますが、8割ほどは閉店でしょうか。

露店もあるはあるのですが、営業しているところは殆どありませんでした。また露店は露店でも、まるでイベントブースの様で、以前のゴチャゴチャしたカオサン通りに比べで大分薄味に?

路地を入っても、人は殆どいませんね。

「Susie Walking Street」は軒並み閉店。

カオサン通りの北側のランブトリ通りは、地元の人が暮らしていることもあって、多少賑わっているような・・・。マッサージ屋さんやレストランも開いているところは、開いています。

寺裏と言われる通りも寂しい。本屋さんはやっていましたが、ゲストハウスは軒並みクローズ。

かつてよく泊まっていたMerry Vゲストハウスもクローズ。その隣の、New My Houseゲストハウスはレストランのみオープンしていたので、こちらで食事をすることにしました。レポートは「「New My House ゲストハウス」の美しい炒飯」でご覧ください。

カオサン通りの東側、郵便局がある通りも地元の人がいるはいますが・・・。

こちらはNew CHゲストハウス。ここには、日本人経営の旅行会社・サワディーアンコールツアーがあったのですが、9月より一旦運営を休止中だそうです。

パブなども多いカオサン通りなので、夜になれば賑わうのかもしれませんが、ご覧の通り日中は人が少なく寂しい限り。そんな中でも営業しているホテルやゲストハウスもあるので、タイ在住の方はカオサン通りにちょっと一泊して、周辺を散策なんていうのも悪くないかもしれませんよ。