THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

10都県で514例のオミクロン株を検出

2021年12月27日 配信

10都県で514例のオミクロン株を検出

タイCOVID-19状況管理センター<CCSA>は2021年12月27日(月)の会見で、これまで10都県で514例の新型コロナウイルス・オミクロン株を確認したと発表しました。


発表によると、オミクロン株514例のうち、3分の2は外国人旅行者から検出。最も大きなクラスターはカラシン県で発生しており、ベルギ-から帰国したタイ人夫婦がスーパースプレッダーとなって、2人が訪れたパブやレストランの店員やミュージシャン、客ら合計125人からオミクロン株が検出されました。

またバンコクでも2例が確認されています。


▼関連記事
シリラート病院医師、オミクロン株拡大で「2月までに1日の新規陽性者数が1万~2万人に達する可能性」
ホアヒン滞在の英国人旅行者3人からオミクロン株を検出
オミクロン株クラスター発生、タイ東北カラシン県で22人
旅客機内のオミクロン株感染リスクは2倍~3倍
逃走イスラエル人旅行者からオミクロン株を検出!2度の陰性はウイルス量が少ないため
バンコク都、オミクロン株対策で年末年始の祝賀イベントは開催中止
タイ入国のための「Thailand Pass」の運用方針を変更 、オミクロン株対策で