THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

旅客機内のオミクロン株感染リスクは2倍~3倍

2021年12月24日 配信

旅客機内のオミクロン株感染リスクは2倍~3倍

タイCOVID-19状況管理センター<CCSA>は2021年12月23日、旅客機内での新型コロナウイルス オミクロン株感染リスクは、2倍から3倍になると警告しました。


タイCOVID-19状況管理センターによると、国際航空運送協会(IATA)のメディカルアドバイザーの医師が、旅客機内の乗客は新型コロナウイルス オミクロン株に感染するリスクが2〜3倍高いと述べました。

最新の旅客機には病院レベルのエアフィルターが搭載されているため、ショッピングモールなど混雑した地上の場所での感染リスクよりはるかに低いものの、年末年始の休暇で旅行者が増える中、オミクロン株が急速に拡大しているとのこと。医師は、「ビジネスクラスの方が、エコノミークラスよりも安全かもしれない」とも語っています。

タイCOVID-19状況管理センターは、旅客機内で密接な接触を避け、人々が頻繁にふれる場所に注意し、厳密にマスクを着用するように呼びかけています。