THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

オミクロン株クラスター発生、タイ東北カラシン県で22人

2021年12月24日 配信

オミクロン株クラスター発生、タイ東北カラシン県で22人

タイ国内でも感染拡大が続く、新型コロナウイルスのオミクロン株。タイ東北部カラシン県では、合計22人からオミクロン株が検出されるクラスターが発生しました。


スーパー・スプレッダーとなったのは、ベルギーから帰国したタイ人夫婦2人(共に47歳)。2人は「テスト&ゴー」で2021年12月11日にベルギーからタイに到着し、タイ東北コンケーン県へ。そこからカラシン県へ向い、カラシン病院で新型コロナウイルス陽性が確認されました。(後にオミクロン株と判明)

その後、ウドンタニ県からカラシン県に夫婦を訪ねた22歳の義理の息子からもオミクロン株を検出。さらに、夫婦と密に接触した19人も陽性が確認されました。

夫婦はタイに帰国後、カラシンのショッピングモールや県庁舎などを訪問しており、さらなる拡大も懸念されています。

なおタイでは12月23日の時点で、205人からオミクロン株を検出しています。

 

▼関連記事
タイ東北コンケーンで夫婦からオミクロン株を検出、同じフライト利用者らは連絡を