THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ入国後の隔離検疫10日をCCSAが承認、10月1日から隔離なしの計画

2021年3月20日 配信

タイCOVID-19状況管理センター(CCSA)は2021年3月19日(金)、保健省の提案に従って4月1日から、タイ入国後の隔離検疫期間を14日から10日に短縮することを承認しました。



またタイCOVID-19状況管理センターのスポークスパーソンであるタウィーシン・ウィサヌヨーティン博士は、6月からのさらなる緩和と、10月からの隔離検疫なしの計画も明らかにしています。

博士によると計画では、4月1日から6月30日まで、隔離検疫中も管理されたエリアでの屋外運動、プール、フィットネスセンターの利用が許可されます。また検疫エリア外の食品や製品を購入することも許可されます。

7月1日から9月30日までは、隔離検疫中もホテルのダイニングホールで食事をしたり、スパやマッサージを受けることができるようになります。

10月1日以降は、国家伝染病委員会の監視リストに指定された国からの旅行者のみが、検疫検疫を受けるように計画しています。

Quarantine period cut to 10 days from April 1 for overseas travellers, CCSA also revealed plans for further relaxation…

The Nation Thailandさんの投稿 2021年3月19日金曜日

 

▼関連記事
4月からワクチン接種でタイ入国後の隔離検疫を7日間に短縮