THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

プーケットで津波の避難訓練、警告スピーカーの修理が必要と判明

2020年9月10日 配信

これはプーケットでなく、ピピ島の津波標識

マグニチュード9.1の「スマトラ島沖地震」が引き起こした津波がタイ南部を襲ったのが2004年12月26日朝のこと。当時は津波を知る人も少なく、警告が発せられることもなかったため、多くの人が逃げ遅れて犠牲になりました。タイ全土で5,395人が死亡、8,457人が負傷し、2,932人が現在も行方不明と言われています。



タイ南部プーケット県のカマラで2020年9月9日午前10時より、津波避難訓練が実施されました。そこで警告スピーカーの一つが適切に鳴らなかったため、修理が必要なことが明らかになりました。

修理が必要であると判断されたのは、カマラに4箇所ある警告スピーカーのうちSamnaksong Charoen Thamに設置された警告タワーのスピーカーで、音量が小さかったとのこと。その他は問題なく作動しました。

なお訓練自体は、良好に行われたようです。

Exactly what a drill is supposed to reveal… DDPM Phuket Chief Mr Sophon said that his superiors in Bangkok will be notified and the warning tower will be repaired…#Phuket #Kamala

The Phuket Newsさんの投稿 2020年9月9日水曜日

 

▼関連記事
ピピ島の津波記念公園~2004年の津波では死者722人、行方不明者587人
カオラック「ザ・サロジン」をオープン直前に襲った2004年12月26日の大津波