THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ航空、プーケット開放で日本からのチャーター便も

2020年8月27日 配信

タイは2020年10月1日より、南部のビーチリゾート・プーケット県から外国人観光客を受け入れる見込みと伝えられています。



それは「プーケットモデル」と呼ばれ、「安全で密閉された旅行」を提供するというもの。外国人観光客は、14日間の検疫中でもホテルから外に出て1キロ~2キロ圏内でビーチを楽しめ、14日間の検疫期間を終えれば県内を自由に移動できます。また更に追加で7日間の検疫を経れば、県外にも移動出来るようになるとのこと。

報道によるとタイ国際航空のチャンシン・トレヌチャグロン(Chansin Treenuchagron)社長代理は、プーケットへの外国人観光客受け入れにあたり、6ヶ国からのチャーター直行便を手配する用意があると語りました。

6ヶ国は日本、デンマーク、ドイツ、イギリス、韓国、香港です。

なおチャーター便は、11月下旬から月2回運航でき、需要が増えれば増便も検討。また中国からのチャーター便の運航も予定されています。

THAI ready to fly in tourists from 6 nations, even China https://bit.ly/2QGNKp7

ThaiVisa.com News – The Nationさんの投稿 2020年8月27日木曜日

 

▼関連記事
6割が「プーケットは外国人の受け入れ準備完了」~The Phuket Newsオンライン世論調査
タイ国政府観光庁総裁「外国人受け入れはリスク、受け入れないことは経済に大きなリスク」
プラユット首相、10月1日からの外国人観光客受け入れ案に原則合意
タイ観光大臣は10月からの外国人観光客受け入れを目指す、まずはプーケットから