THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

清水エスパルスがタイ人向けプロモ、全選手がタイ語表記ユニフォーム着用など

2020年8月6日 配信

清水エスパルスがタイ人向けプロモ、全選手がタイ語表記ユニフォーム着用

2020年に入り、現役タイ代表のティーラシン・デーンダー選手が、ムアントン・ユナイテッドFCより完全移籍にて加入した清水エスパルス。チームそしてJリーグ全体がタイで注目度が高まっている中、タイ人向けのプロモーションを実施します。



プロモーションが実施されるのは、タイ代表選手が所属する北海道コンサドーレ札幌と横浜F・マリノスとのホームゲーム。出場する清水エスパルス全選手が、背面選手名のタイ語表記ユニフォームを着用するなど、タイ人ファンには嬉しい内容になっているとのことです。

【対象試合】
①2020年8月8日(土) 18:00 @アイスタ
明治安田生命J1リーグ第9節 vs. 北海道コンサドーレ札幌

②2020年8月19日(水) 19:00 @アイスタ
明治安田生命J1リーグ第11節 vs. 横浜F・マリノス

【内容】
①出場するエスパルス全選手が背面選手名のタイ語表記ユニフォームを着用
※8/8・・・1st.ユニフォーム / 8/19・・・Limitedユニフォーム

②ヤマハ(株)リモート応援システム『Remote Cheerer powered by SoundUD
(リモートチアラーパワードバイサウンドユーディー)』タイバージョンを導入
※タイ国内より同社のリモート応援システムを活用し、スタジアムに設置されたスピーカーを通じて声援を届けてもらう

③LED看板(両ゴール裏)を活用したタイ語によるクラブ㏚・タイからの応援掲出
※8/8・・・エスパルス全選手紹介 / 8/19・・・SNSを通じて募集するタイ人ファンの写真・名前紹介

④ティーラシン選手およびチャナティップ選手(札幌戦)、ティーラトン選手(横浜FM戦)のタイ語SNSによるメッセージ投稿

≪エスパルスのタイにおける活動≫
2013年タイ・プレミアリーグ所属のBECテロ・サーサナ(現ポリス・テロFC)とパートナーシップ契約を締結し、当時同チーム所属のチャナティップ選手(現札幌)やユース選手の練習受け入れを行いました。その後、タイにてエスパルスアカデミー選手の競技力向上と異文化体験を目的としたキャンプやパートナー企業とのビジネス交流会を実施。また、毎年12月にアジアパートナーとのタイアップにより、タイ国内でのCSR活動(社会貢献活動)の一環として、タイの児童養護施設等の子供たちを招待し、現役選手やコーチによるサッカークリニックを実施しています。

 

ティーラシン デーンダー(Teerasil Dangda) FW 23

ティーラシン デーンダー(Teerasil Dangda) FW 23

【出身地】
タイ

【生年月日】
1988年6月6日

【身長/体重】
182cm/76kg

【利き足】

【選手歴】
ロイヤル・タイ・エアフォース(タイ) - ラパチャFC(タイ) - ムアントン・ユナイテッドFC(タイ)
- マンチェスター・シティFC(イングランド) - グラスホッパー・クラブ・チューリッヒ(スイス)
- ラパチャFC(タイ) - ムアントン・ユナイテッドFC(タイ) - UDアルメリア(スペイン)
- ムアントン・ユナイテッドFC(タイ) - サンフレッチェ広島 - ムアントン・ユナイテッドFC(タイ)

【代表歴】
U-23タイ代表、タイ代表(106試合/47得点)

【2019成績】
タイ1部リーグ(20試合/6得点)

【通算成績】
タイ1部リーグ(247試合/117得点)、スペイン1部リーグ(6試合/0得点)、J1リーグ(32試合/6得点)