THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイのアイドル界に激震が走った日~BNK48の経営陣の退陣など

2020年2月26日 配信

Independent Artists Management代表のジラット・ボーウォーンワッタナ氏

新型コロナウイルスが世界に拡散し大きな騒ぎになっている最中の2020年2月26日、タイのアイドル界には、オタにとっては大げさに、そして誤解を恐れず言わせてもらえるならば「それどころではない」出来事が発生しています。



BNK48の経営陣交代

ことの発端は2020年2月16日、LINE TVで配信された「The Brothers Thailand」にて、男子アイドルグループのオーディションでBNK48劇場を使用したシーンが流れたことでした。

BNK48を運営するのは、BNK48オフィスから社名を変更したIndependent Artists Management(以下 i AM)。そして、そのi AMが新たに立ち上げる男子アイドルグループが「The Brothers Thailand」です。

BNK48劇場は、一部オタたちが「ファインダーメンバー」という2万バーツのVIPカードを購入することで、それを建設資金として出来上がったもの。そんなBNK48劇場が、BNK48以外の目的に、しかもこともあろうか男子アイドルグループのために使用されたことは、オタたちにとっては許しがたいことでした。

オタたちの怒りは爆発し、一部では不買運動に発展する騒ぎに。事態を重く見たi AMは、代表のジラット氏とBNK48劇場支配人のジョブ氏が配信にて謝罪することになったのですが、誠意の感じられない部分までもが“誤って”配信されてしまい、騒動が収まることはありませんでした。

そうして迎えた2月26日、ジラット氏とジョブ氏の2人は会見を行い、一連の出来事の責任をとって、会見が行われたこの日をもってBNK48から手を引くと発表。ジラット氏は株は所有したままですがBNK48(並びにチェンマイで結成されたCGM48)の経営から退き、ジョブ氏もBNK48劇場支配人を辞任しています。4月にもBNK48の新体制が発表となるとのことです。

なお前日には、3月22日に開催される予定だったコンサートの中止と、同日の「BNK48 9thシングル 選抜総選挙」開票の非公開開催を発表しています。新型コロナウイルスの影響によるものと発表されましたが、経営陣交代による影響も、もしかしたらあったのかもしれません。

 

地下アイドルグループのメンバーが契約解除

さらに大きな出来事がもう一つ。
現在100を超える地下アイドル(ライブアイドル)グループがひしめき合うタイですが、その中でトップクラスの人気を誇るのが日タイ融合アイドルグループのSiam☆Dream。この日、日本人メンバーの山下春花さんが自身のSNSで、3月7日・8日のイベント出演を最後にグループを卒業すると発表。しかしその直後にSiam☆Dream運営が、山下春花さんに重大な契約違反があったとして、2月26日を以て脱退したと発表しています。

 

▼関連記事
BNK48劇場を男性アイドルのオーディションに使用した運営会社にヲタ激怒、不買運動も