THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

友人を観光地に案内して逮捕・罰金!タイ観光警察「違法ガイドだ」

2020年1月20日 配信
友人を観光地に案内して逮捕・罰金!タイ観光警察「違法ガイドだ」

ワット・ポーの寝釈迦象

タイで観光ガイドを行えるのは、ライセンスを取得したタイ人のみとなっています。もしライセンスを取得していないタイ人が観光ガイドを行うと、違法行為となり、取り締まりの対象となるのです。



そんな中で話題になっているTwitterの投稿があります。それは外国人の友人を案内したタイ人女性が、観光警察に逮捕され、罰金2000バーツを科せられたというもの。

2020年1月18日に投稿を行ったのは、タイ人Twitterユーザーの@callmepyperさん。@callmepyperさんのタイ人の友人が出会い系アプリで知り合った外国人とともにワット・ポーへ行き、寺院の説明を行ったところ、観光ガイドを行っているとみなされて、観光警察に逮捕され、罰金2000バーツを支払うことになったというのです。しかし2000バーツに対する領収書は渡されませんでした。

この件があった後@callmepyperさんは、観光警察の24時間対応ホットライン1155に電話。「外国人の友人を案内するのは違法ですか?」と確認をしたところ、「案内は違法ではない。しかし説明をしてはいけない」と言われたのだとか。

話はそれだけでは終わりません。その後どこで調べたか観光警察より@callmepyperさんに電話があり、Twitter投稿の削除を要求。さらに対応した警察官は罰金の2000バーツを受け取らなかったと話したのだとか。

この話題は大きく拡散され、当該のツイートは6万リツイートを突破しています。

 

▼関連記事
パタヤの不法観光ガイド、2019年に入り475人が摘発
パタヤでインド人観光ガイドの男を逮捕、タイで外国人ガイドは違法のため