THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

三菱地所、バンコクのオフィス開発プロジェクト「One City Centre」に参画

2019年5月29日 配信

三菱地所、バンコクのオフィス開発プロジェクト「One City Centre」に参加

三菱地所株式会社は、タイ・バンコクでの大規模複合オフィスビル開発計画「One City Centre(BTSプルンチット駅と接続)」プロジェクトにRML 社と共同で参画。2019年2月に着工しており、2022年末に竣工予定です。



---------------
「One City Centre」各国の大使館や高級ホテル、ショッピングモールが集積するセントラル・ルンピニエリアに所在しています。また、バンコクの主要ゾーンを通過する BTS(高架鉄道)スクンビットライン沿線の本地域は、優れた交通利便性を誇ることから、近年、従業員の働き方の観点で本エリアのオフィスニーズは上昇傾向にあります。

敷地内はオフィス棟・商業棟(リテールポーディアム)の 2 棟からなり、賃貸面積約 61,000 ㎡、61 階からなる大規模な複合開発計画です。竣工時には、BTS スクンビットライン「プルンチット駅」とスカイデッキで接続予定であり、バンコク市内各エリアから公共交通を介したスムーズなアクセスを実現します。

 

【計画概要】
所在地 タイ王国 バンコク都 パトゥムワン区 ルンピ二 プルンチット 548
交 通 BTS(高架鉄道)スクンビットライン プルンチット駅直結(徒歩 2 分)
建物用途 オフィス・商業
建物規模 地下 4 階地上 61 階建
敷地面積 約 9,700 ㎡
延床面積 約 11,6000 ㎡
総事業費 約 8,800 百万タイバーツ(約 308 億円)※1 タイバーツ=3.5 円換算
着 工 2019 年 2 月
竣 工 2022 年末(予定)

【立地概要】
・道路渋滞が頻発するバンコク市内において、その利便性から近年注目されている BTS(高架鉄道)スクンビットラインが通るセントラル・ルンピニエリアに所在。
・地元の憩いの場であるルンピニ公園が至近であるほか、巨大ショッピングモールが集積するサイアム駅(サイアムエリア)にも近く、豊かな環境。

©OpenStreetMap Contributors

©OpenStreetMap Contributors

▲地図

【プロジェクトについて】
■プロジェクト全体の特徴
・オフィス棟と商業棟(リテールポーディアム)の 2 棟構成。
・外壁デザインは、自然界で見つかる幾何学からヒントを得て、螺旋形が地面から空に
向かって広がっていくイメージを具現化。機能的には、日射の熱負荷軽減と自然光に
よる建物内への配光のバランスを最適化する事に重点を置いて、日光による熱負荷を
軽減しつつ、バンコクのスカイラインを一望できる眺望を確保。
■オフィス棟の特徴
・61 階建てのオフィス棟には低層部 4 層のクリニック(医療関係施設等が入居予定)ゾ
ーンに加え、屋上などの上層部にはレストランやバーを配置。
・バンコクマーケットのボリュームゾーンである小規模テナント(100~300 ㎡)に対応
すべく、小割可能なフロアプランに。(基準階有効面積 約 1,300 ㎡)
■商業棟(リテールポディアム)の特徴
・BTS「プルンチット駅」からはスカイデッキで接続予定。
・屋上を緑化し、公園のような憩いの空間を創出。