THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

PM2.5で死亡との嘘の記事をニュースサイトに掲載、運営のタイ人の男を逮捕

2019年2月1日 配信

PM2.5で死亡との嘘の記事をニュースサイトに掲載、タイ人の男を逮捕

深刻な大気汚染が問題になっているバンコクでは、学校が一斉に休校になるなど事態は悪化。多くの人が、タイ政府の行う大気汚染対策に興味を向けています。そんな中タイ警察は2019年1月27日、PM2.5に関するフェイクニュース(嘘のニュース)をウェブサイトに掲載した疑いで、36歳のタイ人の男を逮捕しました。



報道によると、男は自身が運営するBangpunsara.comにて、PM2.5により女性が死亡したとの記事を掲載。警察公衆衛生省によると、これはフェイクニュースでした。

PM2.5で死亡との嘘の記事をニュースサイトに掲載、タイ人の男を逮捕

Bangpunsara.comに掲載されたニュースの画像を本サイトで加工しました。

警察での取り調べに対して、男はフェイクニュースを掲載した理由について、人々の興味を引き、多くの人を自身の運営するBangpunsara.comに呼び込み、広告収入を増やすのが目的だったと供述しています。

男は有罪となれば、混乱を引き起こす虚偽の情報を拡散した罪で、5年以下の懲役と10万バーツの罰金が科されます。

 

▼関連記事
バンコクの大気汚染が深刻で全校休校!公害管理区域宣言発令