THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

「皆さんと会えた今回の来日が一番嬉しいです!」 大ヒット中のタイ映画『バッド・ジーニアス』のリンちゃんが舞台挨拶に登場!

2018年11月6日 配信

「皆さんと会えた今回の来日が一番嬉しいです!」 大ヒット中のタイ映画『バッド・ジーニアス』のリンちゃんが舞台挨拶に登場!

一人の天才少女を中心とした高校生チームが、知恵と度胸だけを武器に世界を股にかけ一大“カンニング・プロジェクト”に挑む様をクライム・エンタテイメントに仕立て上げた、映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(配給:ザジフィルムズ/マクザム)が、日本全国で絶賛公開中です。



アジア各国で大ヒットを飛ばし、ハリウッドがリメイク権を獲得、世界的に注目されている本作は、日本でも2018年9月22日(土)から東京・新宿武蔵野館で公開し、公開3週間の興収で同館の歴代No.1を記録(リニューアルオープン以降)。日本では公開自体が珍しいタイ映画ながら、お客さんの熱狂的な声が後を絶たず、急きょ全国で拡大公開が決定し、11月5日時点で総ブッキング数は100館を超える大ヒットとなっています。

これを受け、主演のチュティモン・ジョンジャルーンスックジン(愛称オークベッブ)と、監督のナタウット・プーンピリヤが緊急来日、11月3日(土・祝)に東京・渋谷シネクイントで行われた大ヒット記念舞台挨拶に登壇しました。

タイ本国での公開から約1年半という満を持しての日本公開、さらには大ヒットとなっての来日に対する思い、同作の撮影秘話や観客からのQ&Aにも真摯に応えました。

-----------------
1館から100館まで一挙拡大!喜びが炸裂の舞台挨拶開催!
世界が注目するアジア期待のキュートな新星・チュティモン・ジョンジャルーンスックジン
「皆さんと会えた今回の来日が一番嬉しい!」
世界からラブコール殺到!37歳俊英監督・ナタウット・プーンピリヤ
「これはハリウッドへのラブレター! 言葉にできないほど幸せな1年だった。」

主人公の天才女子高生・リンを映画初主演ながら熱演したことで、第16回ニューヨーク・アジアンフィルム・フェスティバルのライジングスター賞や、米Varietyが選出するアップ・ネクスト・アワードを忽那汐里らと受賞するなど世界の数々の賞を受賞、またその恵まれた9頭身のスタイルを生かしトップモデルとしての活躍も目覚ましい、アジアで大注目の期待の新星チュティモン・ジョンジャルーンスックジン。MCから挨拶を求められたチュティモンは上映後の挨拶ということで、開口一番「映画気に入ってくれましたか?」と客席に語りかけ、観客からは大きな拍手が起こった。プライベートでも何度も日本を訪れ、日本のアニメやお寿司といった和食も大好きという無類の日本好きの彼女は、観客のこの温かい反応に感無量の表情を見せ、「『バッド・ジーニアス』の大ヒットで来日でき、皆さんと会えた今回の来日が一番嬉しいです!」と語った。

プーンピリヤ監督も「私にとって、日本は心を穏やかにさせてくれる本当に特別な場所。そんな特別な地で自分の作品がヒットとなったことは本当に嬉しいです。」と語り、続けてMCから様々な映画賞を世界各地で受賞していることについてどう思うかと聞かれると、「この1年は嬉しすぎて、なんと言葉にしていいか分からないくらい幸せだった。日常生活に大きな変化はないけれど、この映画の各地でのヒットで色んな国の人から一緒に映画を作らないか、と言われる。自分自身に勇気をくれました。」と笑顔で語った。

演技未経験のチュティモンを主役に抜擢したオーディションでは何をしたのか?と問われると監督は、「チュティモンは私がイメージする主役像にピッタリだったけど、やはり経験がないことで演技面では少し不安があったので、主人公リンのクールな演技をしてもらいました。そしたら、そのクールな演技が不安を一瞬で払拭するほど良かったから主演に抜擢しました。」と語った。さらに撮影が開始すると、演技の基礎から叩き込み、“天才は左利き”という監督の意向から左利きにする特訓もさせたとのこと。MCがこの左利きの特訓は大変だったのでは?とチュティモンに聞くと、天真爛漫な笑顔を見せながら「左利きになることは難しいことではなく、普段使わない筋肉を使う練習をしただけです。」と応え、役同様に知的で冷静な一面を垣間見せた。そして最後のクライマックスさのスリリングな演出について、「オーシャンズ11」や「ミッションインポッシブル」等に例えられることについて監督は、「スパイアクション風の作品が撮りたいと思っていたので、今まで自分が観てきて慣れ親しんだハリウッドへのラブレターとして作った一面もあります。」と語った。

全国順次公開中

 

バッド・ジーニアス 危険な天才たち

[監督]
ナタウット・プーンピリヤ
[脚本]
ナタウット・プーンピリヤ、タニーダ・ハンタウィーワッタナー、ワスドーン・ピヤロンナ
[撮影]
パクラオ・ジランクーンクム
[音楽]
フアランポン・リディム、ウィチャヤー・ワタナサップ
[キャスト]
チュティモン・ジョンジャルーンスックジン、チャーノン・サンティナトーンクン、イッサヤー・ホースワン、ティーラドン・スパパンピンヨー、タネート・ワラークンヌクロ
[原題]
Chalard Games Goeng/2017年/タイ/タイ語/130分
[字幕翻訳]
小田代和子
[監修]
高杉美和
[提供]
マクザム
[配給]
ザジフィルムズ/マクザム
[後援]
タイ王国大使館、タイ国政府観光庁
[公式サイト]
http://maxam.jp/badgenius/

 

〈STORY〉
小学生の頃からずっと成績はオールA、さらに中学時代は首席と天才的な頭脳を持つ女子高生リン。裕福とは言えない父子家庭で育った彼女は、その明晰な頭脳を見込まれ、晴れて進学校に特待奨学生として転入を果たす。新しい学校で最初に友人となったグレースを、リンはテストの最中に“ある方法”で救った。その噂を聞きつけたグレースの彼氏・パットは、リンに“ビジネス”をもちかけるのだった。それは、より高度な方法でカンニングを行い、答えと引き換えに代金をもらう――というもの。“リン先生”の元には、瞬く間に学生たちが殺到した。リンが編み出したのは、“ピアノレッスン”方式。指の動きを暗号化して多くの生徒を高得点に導いたリンは、クラスメートから賞賛され、報酬も貯まっていく。しかし、学校が誇るもう一人の天才・生真面目なバンクとの出会いが、波乱の種に。そのビジネスの集大成として、アメリカの大学に留学するため世界各国で行われる大学統一入試「STIC」を舞台に、最後の、最大のトリックを仕掛けようとするリンたちは、バンクを仲間に引き入れようとするが…。

©GDH 559 CO., LTD. All rights reserved.

 

▼関連記事
大ヒット中のタイ映画「バッド・ジーニアス」、主演女優オークべッブより日本への愛が溢れる喜びのコメントが到着
大ヒット中のタイ映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」主演女優オークべッブ・チュティモンが緊急来日
4週目も依然好調!新宿武蔵野館の記録更新!タイ映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』大ヒット公開中!
大ヒット上映中!タイ映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」の本編冒頭映像&新場面写真が解禁!
カンニングが題材のタイ映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」が日本でも大ヒットスタート!
タイ映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」予告編&ポスタービジュアル解禁
日本で公開予定のタイ映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」がトップ映画賞[SIAM★DARA Stars Awards 2018]「チャラートゲームゴーン」が最優秀作品賞など12冠[第27回スパンナホン賞]