THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

キンジェー料理、今年はトウモロコシ春巻きからスタート!

2021年10月10日 配信

キンジェー料理、今年はトウモロコシ春巻きからスタート!

毎年の楽しみの一つが、菜食期間「キンジェー(กินเจ)」にしか買うことが出来ない(買う機会がない)菜食料理を食べること。2021年も キンジェーが始まったということで、早速市場へ向かいました。(参照 2021年の菜食期間『キンジェー』は10月6日~14日


「キンジェー」は、中国系タイ人の年に1度(2度の場合も)の慣習で、体内の毒素を排出することを目的としています。期間中は、肉、骨、動物性脂肪やそれらから作られた調味料を含む食品をとらず、野菜、穀物、豆、小麦粉、豆腐などを食べて過ごします。ただし野菜でも、にんにく、玉ねぎなど刺激的な匂いのするものは口にせず、酒も飲みません。

キンジェーの目印は、赤と黄色い旗。今回訪れたのは、去年もキンジェー料理を買った市場です。しかし今年は新型コロナウイルスの影響もあるのか、ちょっと規模が小さくなっていました。それでも美味しそうな料理が、店頭に並びます。

まず目に入ったのが、春巻き屋さん。中身はタロイモやコーンなどで。1本10バーツ。ぜひ熱々で食べたい一品です。

ということで、今年のキンジェーはトウモロコシの春巻きからスタートです。

春巻き屋さんの隣にあるのが、目的の惣菜の店。今年は感染対策もあってか、料理にはしっかりラップがしてあり、キレイな写真は撮れませんでしたが、炒め物やら、揚げ物やら、煮物やら、スープやら、美味しそうな料理が並びます。

こちらは定番の焼きそば。なおチャーハンは調理中で、「15分ほど待ってもらえば出来上がるよ」とのことでしたが、今回はパスです。まだキンジェーは続くので、次の機会があるでしょう。

そんな訳で、焼きそば2種類と、スープ1種類、合わせて100バーツを購入。家に帰って、ゆっくりと、美味しく頂いたのでした。

2021年のキンジェー最終日は10月14日。これを逃すと、来年まで1年間キンジェー料理は食べられないので、気になる方はお早めに。

 

▼関連記事
2021年の菜食期間『キンジェー』は10月6日~14日
タイの街はキンジェー一色!菜食料理はヘルシーじゃない?