THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

「パタヤモデル」で外国人観光客の誘致を検討

2020年10月30日 配信

「パタヤモデル」で外国人観光客の誘致を検討

現在タイへは、特別観光ビザを取得した外国人観光客の入国が可能になっていますが、それが始まる以前は「プーケットモデル」という形での外国人観光客のタイ入国が検討されていました。「プーケットモデル」とは、14日間の検疫中に、検疫施設から1~2キロ以内の決められた区域内であれば、ビーチなども自由に利用できるというものでした。しかしこの計画は頓挫しています。



そんな中、外国人に人気のビーチリゾートを有するチョンブリ県パタヤ市は、特別観光ビザのスキームの下で、特に中国とロシアからの外国人観光客を誘致するために、独自の「パタヤモデル」を導入することを計画しています。

2019年にパタヤには、中国から300万人、ロシアから110万人が訪れており、いわば“お得意さん”。彼らを誘致するために、パタヤ市とタイ東部ホテル協会、チョンブリ観光協会などの民間団体とで委員会を設置し、「パタヤモデル」を進めたい考えです。

果たして「パタヤモデル」で、外国人観光客にどのようなメリットを示すことができるのでしょうか。詳細決定が待たれます。

Pattaya city to introduce “Pattaya Model” to potentially attract Chinese and Russian tourists under Special Tourist Visa scheme

 

▼関連記事
GH