THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

チェンマイでK-1ファイター逮捕、新型コロナで試合なくなり大麻栽培で生計

2020年10月22日 配信

新型コロナウイルス感染拡大の影響によるロックダウン以来、タイでも様々なイベントが中止に。そのためスタッフ、出演者、出場者らは仕事を失い、収入にも大きな影響が出た人が多いようです。中には生活のために、犯罪に手を染めてしまう人もいたようで・・・。



タイ警察は2020年10月21日、チェンマイ中心部の住宅で大麻を栽培していたとして、29歳のドイツ人ボクサーの男を容疑者として逮捕しました。

各報道によると容疑者は、ムエタイ修行のために訪タイし、Vinnii Vinzのリングネームで試合に出場。ヨーロッパでは、K-1のリングにも上がったと伝えられています。

しかし新型コロナウイルスの影響で試合がなくなったため、容疑者は大麻の有機栽培をスタート。乾燥大麻をチェンマイに住む外国人に販売していたとのことです。

 

▼関連記事
外国人男が大量に大麻を栽培、3度目の正直の直前の逮捕
タイ・チェンマイで大麻を大量生産・販売、日本人の男(41歳)を逮捕
パンガン島の大麻畑を摘発、畑の主は不明
「タイビザセンター」を摘発~タイ人女は偽造ビザ、アメリカ人夫は大麻栽培で逮捕
パタヤのレストランオーナーらが大麻密売で逮捕
畑で大麻を1,200本栽培、密告で刈り取り後に逮捕