THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

北タイ名物「ナムプリック・ヌム」の一部から基準以上の食品添加物が検出

2019年8月2日 配信

北タイ名物「ナムプリック・ヌム」の一部から基準以上の食品添加物が検出

ナムプリック・ヌム(น้ําพริกหนุ่ม)とは、北タイでよく食べられる青唐辛子のディップ。野菜や豚の皮の素揚げと一緒に食べると美味しいですよね。ところがそんなナムプリック・ヌムにも注意が必要なようです。



消費者財団は2019年8月1日、タイ北部でランダムに選出した17ブランドのナムプリック・ヌムの調査を行ったところ、7つのブランドで基準以上の食品添加物が検出されたと明らかにしました。

それらは保存料として使われる安息香酸が、基準となる1キロあたり500ミリグラムを超えており、ラベルには保存剤の使用に関する情報は記載されていませんでした。なお一部はタイ保健省による食料安全基準の11倍もの保存料が含まれていたとのこと。

保存料の過剰摂取は、肝臓や腎臓の障害を引き起こす可能性があるたと警告しています。

なお今回の調査で保存料が検出されなかったのは2ブランド。一つはチェンマイのワワロロット市場で販売されている「น้ำพริกหนุ่มอุ้ยคำ」と、もう一つはチェンライのร้านวรรณภาで販売されている「น้ำพริกหนุ่มวรรณภา」。