THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

第11回 ロイヤルオーキッドシェラトンのプール最高! バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」

2015年9月23日 配信

2013年2月27日 掲載

自腹で泊まったホテル
ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ
(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

ロイヤルオーキッドシェラトンには、プールが二つあります。

一つは緑豊かな庭園の中にあるガーデンプール。

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

このプール、いわゆる「ガーデン」って感じでいんだけど、残念ながら川周辺の木々がうっそうとして。川が眺められないの。
で、作りはしゃれているというよりは・・・そのう・・・昭和後期の
バブルなプールっぽいと言うか。えーい、はっきり言おう。少々古臭い。

でも大丈夫。ファミリーには大人気。

あたしのお気に入りはテラスプール。

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

なんたって、この眺め。ま・さ・にチャオプラヤー川沿いのホテルの利点を全面に「どうだーーー!」って出しております。

シンプルな長方形のプールですが、この眺めがあればそれだけで大丈夫。

しかも見てー!!!!

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

川沿いのチェアーに横たわれば・・・チャオプラヤー川の上を飛んでる状態に!こりゃたまりません。

子供連れはみんなガーデンプールに行くので、のんびり寛ぐ欧米人くらいしか姿をみないし、とても静か。

えー。そんなことないでしょ?お子ちゃんもくるでしょって・・・多分ね・・・床に燦然と輝く

深水3メートル(大爆笑)の文字が、家族連れを凍りつかせるのだろう。

しかしさ、3メートルって大人でもかなりびびる。なんで3メートルなんだろう。

え?ミレニアムヒルトンも、川に浮かんでいるみたいなプールだよ、という人、ちっちっち。
ヒルトンのプールには、川に張り出した水中のデッキチェアの足元に、なぜあるのかよくわからない目隠しがあり、すぐ足元には川は望めない。しかもその席にはパラソルがないので、長居はつらい。
チャトリウムスイートも泳いで一番端の方に行くと川が望めるけど、チェアーに寝たままここまで川が迫って見えるのはやはりここのプールだけ。

ね、ロイヤルオーキッドシェラトンって、オリエンタルホテルやペニンシュラホテルやシャングリラと比較されると若干地味なんだけど、突出しているところがどこにも負けないのよ!だから好きなの!

すごいわあ。

うれしいから、もちろんビールも飲んじゃおう。

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

さらに、ここのプールの従業員に、なんだか、いーかんじの、ただのおっさんがいるんだけど、タイ語でこんな話をしました。

おっさん「へー。ねえさん、タイ語できるんでげすねー?なぬ?4ヶ月だけ勉強したんだべかー?今は日本に住んでいるんでげすね。日本でタイ料理は食べてるでげすか?高いでがしょ?」  

よ「高いよ。多分1皿300バーツから400バーツくらいだよ」

おっさん「高いでげすねえ~ 。今オラの友達が日本にいるんだけどもよぉお、タイ料理、高くて食べられないって言ってたでげすよぉお。」

よ「あたしも時々しか食べられない。だって高いんだもん。」

おっさん「んだからよぉ、ねえさん。そういう時は、カオニャオ(もち米)やカオスアイ(白飯)を沢山食べればいいんでげす。オラの友達はそうしてるっぺよ。」

五つ星とは思えない、アーバンでゴージャスな会話ができたぜ。
ありがとう、おっさん。

とまあ、こんなステキな空間で、気取らず、自分の貧乏な話が楽しめるのもこのホテルのいいところだ。・・・へ?これって良い所っていいんだっけ?

第12回 ふかふかソファーの送迎船! へつづく・・・

(記事・写真 吉田彩緒莉)

自腹で泊まったホテル
ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ
(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

関連記事

第12回 ふかふかソファーの送迎船! バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」
第10回 謎深まるトンカツビーフ、うますぎるクイティアオに日本人が「フォー!」!朝食から大笑い バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」

第9回 おすすめはテラス席。「etc…on the river」は脅威の川の近さ!バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」
第8回 お部屋は居心地はいいけどちょっとビジネス仕様 バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」
第7回 チャオプラヤー川の眺望は、恐らく1・2を争う!バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」
第6回 ホテルはリバーサイド(古)・・・バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」

吉田 彩緒莉(よしだ さおり)

お酒大好き、タイ大好き

ミュージシャンの事務所での会報編集や、国内旅行情報誌の編集・ライター、アイドルサイトのライターなど、ささやかに文でご飯を食べている者。日々たまるストレスを癒すべく「あーあ、貧乏人のオラでも贅沢できる国はないだべか?」とつぶやきながら初めて降り立った タイランド・・・あの日から十数年。 あまりにもコストパフォーマンスのよいタイのホテルにのめり込み、ストーカーのようにタイの最新ホテル情報をチェックしまくる日々。そのため、ガイドブックのホテルページの部屋が違うホテルだったのを、何度も見つけては優越感に浸るインケンさも持ち合わせる。常に貧乏のため、高いホテルではなく、いかにコストパフォーマンスが良いか、どうやったら安く泊まれるのか、ということに喜びを感じているので「オリエンタルホテル、泊まってないじゃーん」とか「ゲストハウスのレポないじゃーん」とは思われるはず。それからタイは好きだけどまだ行っていない場所もあるから、網羅はしてないよ(照)。

わかりやすすぎるタイトルのブログ「タイ大好き!」で、タイのおいしいお店やら、エピソードをひたすら書き綴り中。
タイ大好き! http://plaza.rakuten.co.jp/gogoyosee/