THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

第8回 お部屋は居心地はいいけどちょっとビジネス仕様 バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」

2015年9月23日 配信

2013年2月10日 掲載

自腹で泊まったホテル
ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ
(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

雄大なチャオプラヤー川を臨むお部屋は・・・木を生かしたダークブランを基調に、大人の雰囲気。ただ、どちらかというとリバーサイドのホテルという華やかさは皆無で、地味目。

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

巨大なベッドと大きなデスクがメインに見えるせいかビジネスライクなお部屋に感じます。
実はこれってここ数年の一番新しいリニューアルで変わったもので、以前は窓辺に2人分のソファーがあって、眺望第一につくられていて、どちらかというと私はそちらのほうが好きでした。

だって、だって。ビジネスマンはチャオプラヤー川に泊まらなくね?

チャオプラヤー川に泊まるのはやはり観光客だと思うわけ。しかもショッピングよりもゆったりと景色を楽しむのが好きな・・・。

「お部屋変わりました?」と、フロントから案内してくれた民族衣装の「にこにこおぢさん」に訪ねると
「はーい、そうでーす。シックになりましたでしょー」にこにこ。

以前より部屋が狭く感じるのは気のせいなのかなー?と思っていると・・・「あああっ!バスルームが大きくなってる!」
「そうでーす!」にこにこ。

以前はシャワーとバスタブが一つになった、味けないバスルームで、他の五つ星ホテルから比べるとなんともお粗末だった。そのかわりバスルームがコンパクトな分お部屋は広かったので、2人分のソファーが置けたんだな。

写真撮り忘れたけど(自爆)バスタブとシャワールームが分かれて、他のホテルとも遜色なし。

お部屋は狭くなったとはいえ、もちろん1人なら十分すぎる広さ。2人だと荷物の多い女子同士2人だと狭いかも。荷物少なめなら大丈夫かな。
結構家具の置いていない床面積がきちきちで、トランクを広げるなら一人一人、って感じなの。これ、旅なれている方はおわかりですよね?

なんたって、この窓際のソファーによりかかれば・・・

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

この絶景でしょ?・・・。

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

もう1人いたらデスクの椅子に寛ぐ感じ・・・んー。後ろのスペース狭くて、ぐるーんって回転できない・・・くぅうう、おしい。

まあ、私なんと言ってもこの時は1人で泊まったので、近くの屋台で買ってきたガイトー(鳥のから揚げ)と、シンハービールで絶景を楽しみつつランチ、なんてこともやりました。

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

ロイヤルオーキッドシェラトンの良い所はホテルの前に白タクもいっぱい停まっているけど(良くない)、たくさん屋台が出ているってこと!「リバーシティーって観光客が多いし、つまらない」ってことはないんですよー。だからソムタムみたいな軽いサラダから、がっつりご飯ものまで買い込んで、川を眺めていただけば、どんなリバーサイドレストランよりも優雅でしょ!?夜なんか素晴らしい夜景を見ながらのちょっとしたディナータイム。シロッコなんか行かなくても大丈夫です。安上がりー!

こちらファミリーマート前のガイトー屋さん。

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

ちょ、ちょっと!屋台のおねーさんでもこんなにかわいいってどういうこと!?

キュートなおねーさんが、アツアツのガイトーを包んでくれましたよ。

ちなみにリバーシティーの中にもそんなに高くない庶民的なレストランがあって、タイ人の皆さんも、学生さんも、ご飯を食べているので敬遠しないでリバーシティーも楽しみましょう。

第9回 おすすめはテラス席。「etc…on the river」は脅威の川の近さ!へつづく・・・

(記事・写真 吉田彩緒莉)

自腹で泊まったホテル
ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ
(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

関連記事

第12回 ふかふかソファーの送迎船! バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」
第11回 ロイヤルオーキッドシェラトンのプール最高! バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」

第10回 謎深まるトンカツビーフ、うますぎるクイティアオに日本人が「フォー!」!朝食から大笑い バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」
第9回 おすすめはテラス席。「etc…on the river」は脅威の川の近さ!バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」
第7回 チャオプラヤー川の眺望は、恐らく1・2を争う!バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」
第6回 ホテルはリバーサイド(古)・・・バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」

吉田 彩緒莉(よしだ さおり)

お酒大好き、タイ大好き

ミュージシャンの事務所での会報編集や、国内旅行情報誌の編集・ライター、アイドルサイトのライターなど、ささやかに文でご飯を食べている者。日々たまるストレスを癒すべく「あーあ、貧乏人のオラでも贅沢できる国はないだべか?」とつぶやきながら初めて降り立った タイランド・・・あの日から十数年。 あまりにもコストパフォーマンスのよいタイのホテルにのめり込み、ストーカーのようにタイの最新ホテル情報をチェックしまくる日々。そのため、ガイドブックのホテルページの部屋が違うホテルだったのを、何度も見つけては優越感に浸るインケンさも持ち合わせる。常に貧乏のため、高いホテルではなく、いかにコストパフォーマンスが良いか、どうやったら安く泊まれるのか、ということに喜びを感じているので「オリエンタルホテル、泊まってないじゃーん」とか「ゲストハウスのレポないじゃーん」とは思われるはず。それからタイは好きだけどまだ行っていない場所もあるから、網羅はしてないよ(照)。

わかりやすすぎるタイトルのブログ「タイ大好き!」で、タイのおいしいお店やら、エピソードをひたすら書き綴り中。
タイ大好き! http://plaza.rakuten.co.jp/gogoyosee/