THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

第7回 チャオプラヤー川の眺望は、恐らく1・2を争う!バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」

2015年9月23日 配信

2013年2月7日 掲載

自腹で泊まったホテル
ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ
(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

フロントの方はタイ好きには物足りない、タイスマイル少な目で事務的ですが、きちんと仕事をします。意外とタイのホテルは一流ホテルでも笑顔はぴか一だけど、だらだら仕事をする人が多いので、これ、結構大事なポイント。

でも、書類を挟んでいる大きなクリップに、名前とイラストでいたずら書きしているのは、いかにもタイ。日本ではお客様の目に触れるものに、こんなものは置いちゃダメですよね。でもそういうところが憎めなくていいのよね。

スターウッドの会員に入っているので、それを表示すると、ポイント全然たまっていないのに、会員フロアに通してくれました。

わたくし、貧乏人ですので、いつも一番安いプランで泊まるんですの。それによって、一番悪い部屋に通されるはずなんですがね。こほん(威張る所ではない)。ポイントがたまっていなくてもホテルの会員だと優遇してくれる所も多いので、ぜひお試しあれ。

おかげで20階以上にチェックイン~!

既に廊下からの眺めもやばい。高所恐怖症なら泣き崩れること請け合い。いかにもアジアだぜ、バンコク!

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

ロイヤルオーキッドシェラトンは、全室オーシャンビューです。どこぞのホテルみたいに「リバービューには追加料金が要ります」なんてけちな事は言いませんよ。

ほら見ろ!どーん!

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

目の前にはミレニアムヒルトンの姿が。こちらのホテルも後日紹介しますが、私はミレニアムヒルトンより、古くてもシェラトンの方が、好き。

というのも・・・。

これ!

ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

ホテルが多く建っている方の眺めも夜景がきれいで良いのですが、こちらは寺院がよく見える方向。

夜はライトアップされた寺院がぽつぽつ見えて、いかにもアジアな光景が楽しめるんです!

川沿いの部屋からの眺望のベスト10をつけるとしたら、実は1位か2位。というのも窓が小さくて、身を乗り出さないと見えなかったり、方角によって全く川が見えなかったり、眺めはいいけど、何にもない川景色で面白みがなかったり。
このホテルはとにかくものすごいパノラマでチャオプラヤー川が楽しめるんですよ。窓自体がスクリーンのようです!

そしてなんといっても、このホテル側からはすばらしい夕日を望むこともでき、これも嬉しいポイント!

実は窓が足元からある川沿いのホテルってのも珍しいし、バルコニーが視界をさえぎらず、ベッドに寝たまま川が望めるって言うのは、ペニンシュラとこのホテルくらいなんじゃないのかな?

第8回 お部屋は居心地はいいけどちょっとビジネス仕様  につづく・・・

(記事・写真 吉田彩緒莉)

自腹で泊まったホテル
ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ
(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

関連記事

第12回 ふかふかソファーの送迎船! バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」
第11回 ロイヤルオーキッドシェラトンのプール最高! バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」
第10回 謎深まるトンカツビーフ、うますぎるクイティアオに日本人が「フォー!」!朝食から大笑い バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」

第9回 おすすめはテラス席。「etc…on the river」は脅威の川の近さ!バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」
第8回 お部屋は居心地はいいけどちょっとビジネス仕様 バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」
第6回 ホテルはリバーサイド(古)・・・バンコク「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル&タワーズ」

吉田 彩緒莉(よしだ さおり)

お酒大好き、タイ大好き

ミュージシャンの事務所での会報編集や、国内旅行情報誌の編集・ライター、アイドルサイトのライターなど、ささやかに文でご飯を食べている者。日々たまるストレスを癒すべく「あーあ、貧乏人のオラでも贅沢できる国はないだべか?」とつぶやきながら初めて降り立った タイランド・・・あの日から十数年。 あまりにもコストパフォーマンスのよいタイのホテルにのめり込み、ストーカーのようにタイの最新ホテル情報をチェックしまくる日々。そのため、ガイドブックのホテルページの部屋が違うホテルだったのを、何度も見つけては優越感に浸るインケンさも持ち合わせる。常に貧乏のため、高いホテルではなく、いかにコストパフォーマンスが良いか、どうやったら安く泊まれるのか、ということに喜びを感じているので「オリエンタルホテル、泊まってないじゃーん」とか「ゲストハウスのレポないじゃーん」とは思われるはず。それからタイは好きだけどまだ行っていない場所もあるから、網羅はしてないよ(照)。

わかりやすすぎるタイトルのブログ「タイ大好き!」で、タイのおいしいお店やら、エピソードをひたすら書き綴り中。
タイ大好き! http://plaza.rakuten.co.jp/gogoyosee/