THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バンコク夜散歩、2020年12月にアソークからナナプラザまで歩いてみた

2020年12月9日 配信

コロナ禍のバンコクの夜の街。2020年9月にアソークからナナまでスクンビット通りを歩き、あまりの人のいなさに衝撃を受けたのは記憶に新しいところ。(参照 バンコクの歓楽街ナナプラザと周辺は閑散…閉店も多数で心配な行く末…



そしてクリスマスが迫った2020年12月初旬の平日の夜10時頃。再びアソークからナナまでスクンビット通りの同じルートを歩いてみました。

上の写真はBTSアソーク駅前のショッピングモール・ターミナル21。例年通りクリスマスツリーが飾られ、決して多いわけではないですが、人もそこそこ歩いているようです。

しかしナナ方面に進むにつれて、寂しくなっていますね。ただ、9月に比べて歩道でたくさんの女性を見かけました。なおスマホを向けるのは自粛。写真は撮っていません。

途中、9月にはなかった新しいラーメン屋さんを発見。「RAENGA(ラーメン・ア)」。

露店はぽつぽつ。殆どは精力剤やパイプなどを売っている店。サッカーユニーフォームの露店なども見かけました。

たくさんのゴーゴーバーがひしめく歓楽街・ナナプラザがあるスクンビット通りソイ4に入ります。3ヶ月前と変わらぬ寂しさ。

ナナプラの入り口。以前と同じく、体温チェックが行われています。

中もやっぱり寂しいですね。お客さんは、ぽつぽつ・・・。

2階にある人気店の「レインボー4」、「レインボー5」・・・

3階の「芸者」・・・

1階の「オブセッション」などは閉店、というは休み?

「オブセッション」の扉には、休みの貼り紙。他の店も同じく、オープンしない日もあるんでしょうか。

こんな感じで、今もなお寂しいナナプラザ。復活はいつになることでしょう?

 

ターミナル21アソークからナナプラザまで


▼関連記事
バンコクの歓楽街ナナプラザと周辺は閑散…閉店も多数で心配な行く末…
「タニヤ通り」はコロナ禍でも意外な賑わい?閉店の有名店も
コロナ禍の寂しすぎる「パッポン通り」、ゴーゴーバーは営業も露店なし
コロナ禍のバンコク歓楽街巡り~ソイ・カウボーイ編~半分閉店、店は貸し切り状態