THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

シラチャには何がある?日本人学校、SC、近隣にはレムチャバン港・・・

2019年9月20日 配信

バンコクから車で1時間ほどの場所に位置する、タイ東部チョンブリ県シラチャ。日系企業が多数進出していて、日本人が約1万人も暮らしていると言われています。



「旅行でシラチャに行こう!」という人は多くないかも知れませんが、「シラチャで駐在」あるいは「シラチャに出張」という人は少なくないでしょう。そんなシラチャには、どんなスポットがあるのか、少しだけですが巡ってみました。

 

シラチャの街には何がある?

まずはこちら、シラチャ日本人学校。バンコクにある泰日協会学校のシラチャ校です。家族でシラチャ赴任ということも多いようで、今回宿泊していたホテル&サービスパアートメント「バルコニー・シーサイド」にも、日本人家族が暮らしていました。日本人学校があれば安心ですね。

大きなショッピングセンターはロビンソンデパート。まさにここが街の中心で、日本料理店やマッサージ店も多数。夜になると日本人クラブ(カラオケ)も賑わいます。

お買い物はつづいてこちら、イオン シラチャ ショッピングセンター。この周辺にも日本料理店がたくさんあります。

さらにたくさんの人で賑わう江戸時代の日本をモチーフにしたコミュニティーモール「Jパーク」。

 

シラチャからは少し離れますが、「ハーバーモール」というショッピングセンターもあります。

そして国際貿易港であるレムチャバン港 。隣にはレムチャバン工業団地があり、日系企業も多数入居しています。レムチャバン港 があることで近隣に工業団地ができ、日系企業が集まり、シラチャで暮らす日本人が増加したのです。