THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

HUAWEI=HONORだったとは!~バンコクでスマホ選び

2019年6月16日 配信

HUAWEI=HONORだったとは!~バンコク スマホ選び

スマホが壊れて、新しく購入するスマホ探し。長らく愛用し続けてきた台湾メーカーASUSのZenfoneシリーズがバンコクでの入手が難しくなったようで、結局中国メーカーvivoを購入しました。



その時のレポートはこちら。

タイではもうASUSのスマホ「ZenFone」は手に入らない?
中華スマホ「Vivo Y17」をタイで購入、価格は6,999バーツ(約2万4,000円)

ASUSが無理なら、どのメーカーのスマホを買おうかと探し回っていたバンコクの電脳ビル・フォーチュンタウンで、もっとも目立った広告を出していたのがHONORでした。

--

実はお目当ての「Zenfone Max Pro M2」を探しているとスマホ屋の店員さんと話した時に、ASUSはもう無いからと真っ先に勧められたのが中国メーカーのHUAWEIでした。

HUAWEIは安いの高性能ということで勧められたのですが、皆さんもご存知のアメリカによるHUAWEI禁止令が出た今、HUAWEIを買う選択肢は一切ありませんでした。なので別のメーカーを探していたのですが、そこで最も目についた広告がHONORだったのです。

HUAWEI=HONORだったとは!~バンコクでスマホ選び

フォーチュンタウンの天井の広告はHONOR一色これまでHONORというメーカー(ブランド)があることさえ知らなかたものの、性能と価格さえ納得すればHONORでも良いかな?と考えていたのです。 結局vivoに決めましたが・・・。

--

その数日後に見たGIZMODOのこちらの記事「完全に追い込まれたのではない? 海外ではHonorブランドでファーウェイが新スマホを続々発売中…」。なんとHUAWEI=HONORだったのですね!まぁ、買わなくてよかったかな?(笑)

■HONOR
https://www.hihonor.com/th/

--

ちなみにvivoは、同じく中国メーカーのOPPOの系列だそうです。ちなみにタイのスマホシェアNo.1はOPPOなんですよ。

OPPOがタイのスマートフォン市場シェア1位、Samsungは2位転落