THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

Agoda が南アフリカ共和国の大手ホテルチェーン「プロテア」との業務提携を発表

2015年9月20日 配信

agoda

シンガポール (2011年1月5日)-ナスダック上場の米系Priceline.com株式会社のグループ企業で、世界中のホテルを取り扱うアジアの大手ホテル予約サイトAgoda は、南アフリカ共和国の90カ所のホテルばかりでなく、アフリカ大陸120カ所のホテルを展開するアフリカの大手ホテルグループ「プロテア・ホスピタリティ・グループ」との業務提携を発表します。プロテア・ホスピタリティ・グループは現在Agoda.jp の収益管理システム(YCS)を利用し、空室状況及び宿泊料と特典価格を管理しています。

プロテア・ホスピタリティ・グループはAgoda を通じて南アフリカ全土の大都市における20カ所のホテルを提供し、クルーガー・トランスフロンティア国立公園の豪華サファリロッジからジョージタウンとケープタウンの大都市中心地における超豪華で上品なアフリカン・プライド・ホテルまでおよんでいます。また、このグループは地元地域社会を育成する目的で積極的に社会的開発と環境維持も支援しています。

ホスピタリティにおける25年以上の豊富な経験を有するプロテア・ホスピタリティ・グループは3つ星から5つ星級の広範囲におよぶホテルを提供することで、優れたサービス、快適で上品な最高水準の評判を築き上げてきました。ケープタウンのプレトア・ホテル・ファイアー&アイスは最も近代的なデザインで、この都市の人気の高い観光地近くに位置しており、檻の中からサメを間近に見るダイビング、そしてハングライダーや懸垂下降登山のような多くの娯楽アクティビティーを手配することが可能で、上品で最新流行を追い求める宿泊客に最適です。このホテルとは対照的に、歴史あるステレンボスのプロテア・ホテルは堂々とそびえ立つ山々とブドウ園に囲まれ、落ち着いた風景を眺めることができ、宿泊中に乗馬、ゴルフ、ワイン試飲を満喫することができます。

プロテア・ホスピタリティ・グループのダニー・ブライヤー販売営業兼財務本部長はAgoda との業務提携を快く承諾しました。同本部長は以下のように述べています。「観光客はアフリカ、その中でも特に南アフリカ共和国で最上級の旅行と余暇を体験することができ、プロテア・ホスピタリティ・グループは優れたサービス水準と豪華な快適性を確保するために最良の戦略的経営を実行しています。プロテア・ホテルとアフリカン・プライド・ホテルの宿泊施設はすべて特徴がありますが、アフリカ大陸に調和しないサービス提供と文化を共有しています。」

Agoda 最高経営責任者ロバート・ローゼンスタイン氏は以下のように述べています。「南アフリカ共和国の数多くの素晴らしい旅行先で自然のままのビーチ、ブドウ園、野生動物サファリと活気に満ちたアフリカ文化を体験することができます。Agoda の顧客はプレトア・ホスピタリティ・グループとの業務提携によって人気の高い独自の旅行体験を容易に体験することができるようになります。」

Agoda のリワード・ポイント・プログラム、多言語対応のウェブサイト、予約確認書の即時発行と国際的なメンバー基盤のおかげで、プレテア・ホスピタリティ・グループは世界的にホテルブランドを拡大することができます。便利に簡単にホテル予約をすることができるようにAgoda は32カ国語のウェブサイトを提供しています。

Agoda.jp との業務提携に関する詳細は PR@agoda.com までお問い合わせください。

編集者への一言

Agoda Company 株式会社 について:

Agoda 株式会社 (www.agoda.jp ) は、どこよりも安い料金の確保を専門とし、オンラインでホテル予約サービスを提供しています。Agoda.jp は米Priceline.com (Nasdaq:PCLN) のグループ会社として、世界中で150,000件以上ものホテルとネットワークを構築しています。500 人以上のスタッフが、ビジネス客と観光客に最適なホテルの予約を提供できるよう、現地情報と取引関係を独自に活用し一流の予約サービスを提供します。

さらに、Agoda リワードプログラムに参加しているお客様は、宿泊の割引や、貯まったポイントを利用して無料で宿泊することもできます。旅行者に利用可能なホテルを限定するプログラムとは異なり、Agoda リワードプログラムは、いつでも、世界中のホテルに対してポイントが利用できるようになっています。太平洋アジア観光協会 (PATA) のメンバーであり、Agoda はより多くの旅行者に簡単、そしてもっとお手頃なお値段で旅行を提供することを目的としています。

【2011年1月5日掲載】