THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

Agoda.comが最高にワイルドなフードファイトが楽しめるスペイン・バレンシアのホテルをご紹介

2015年9月20日 配信

agoda

シンガポール(2013年7月17日)

ナスダック証券市場に上場する米国Priceline Group (Nasdaq:PCLN)のグループ企業でアジア大手のホテル予約サイトAgoda.comが、毎年スペインで開催されるぐちゃぐちゃ、ベトベト、はちゃめちゃの極み、待ったなしの大狂乱、トマト祭り・ラ トマティーナの見物に最適なホテルをご紹介します。世界最大のフードファイトと言われるトマト祭り・ラ トマティーナ、今年は8月28日に開催予定です。

バレンシアの西方約35キロに位置するブニョールの街。ここで毎年開催されるこのトマト祭りの起源には諸説あると言われていますが、1940年代の半ばに、地元の若者がけんかを始めたとき、たまたま最初に手にしたトマトを投げ合ったのが起源という説が最も一般的なようです。どういうわけかこれが年中行事となり、毎年開催されるごとに祭りとしての形式が整っていき、1957年には遂に正式なお祭りとなりました。

祭 りの写真を見れば、狂気の沙汰がお分かりになるでしょう。脚のすねあたりまで溜まった潰れたトマトの海の中を、全身をトマトで真っ赤に染めた何千もの人々 が笑い転げながらぱちゃぱちゃ跳ね回っています。この祭りの会場では、突っ立って見物しているだけなんてナンセンス。トマトファイトへの参加が否応なしに 迫られます。ただし、トマトの投げ合いは、オイルが塗られて滑りやすくなったポールの先端にくくりつけられた生ハムを誰か落としたことを合図にスタートす るので、投げるタイミングにはご注意を。簡単に流れを説明すると、まず、巨大なホースが放つ水しぶきを浴びて、群衆が歌え踊れの大騒ぎ。その中をポールの 先端に吊るされた生ハム目指して、誰かがつるつる滑るポールをよじ登っていきます。生ハムが群衆の中に落ちると同時に銃声が1発鳴り響き、大型トラック数台がゆっくりと走行しながら合計40トンの柔らかいトマトを撒き始めます。後はご想像通り。

群衆の中でのトマトの投げ合いに怪我の心配は付きものです。怪我を防ぐためにも、この祭りには守らなければならないルールがいくつかあります。ルール1:投げるのはトマトだけ。トマトを思いっきり顔にぶつけられることは決して愉快ではありません。自分がぶつけられても許せる程度の強さで投げましょう。ルール2:目の怪我を防ぐために防護用のゴーグルを着用する。ルール3:よく目にする光景なのですが、他人の衣服を破らないこと。そして最後のルール4:2発目の銃声を合図に、トマト投げを終了することです。

最初にトマト投げをした人たちは、まさか自分たちのちょっとした喧嘩がこんな大規模な毎年恒例のフードファイトになるなどとは予想もしなかったでしょう。祭りは年々規模が大きくなり、この小さなブニョールという町に毎年4万人もの観光客が押し掛けるようになりました。ブニョールは人口1万人という小さな町ですから、この祭りに参加する際は車で30分程度の場所にあるバレンシアに滞在するのがベストでしょう。

最高にはちゃめちゃなこの祭りへの参加を検討中の方はぜひ下記のホテルをチェック。そしてゴーグルのご用意もお忘れなく。

 

 ホテル トラベロッジ バレンシア アエロプエル 1つ星
最低2連泊でうれしい20%OFF! 2013年12月31日まで有効。

 エアー ホテル アストリア パレス 4つ星
早期予約割引! チェックインの最低10日前のご予約でうれしい10%OFF! 2013年12月31日まで有効。

ホスぺス パラオ デ ル マーレ ホテル 5つ星
最低2連泊でうれしい20%OFF! 2013年12月31日まで有効。

ウサ ラール 3つ星
最低3連泊でうれしい20%OFF! 2013年12月31日まで有効。

エキスポ ホテル バレンシア 3つ星
早期予約割引! チェックイン最低7日前のご予約でうれしい20%OFF! 2013年12月31日まで有効。

プチ パレス ゲルマニアス 3.5つ星
早期予約割引! チェックイン最低21日前のご予約でうれしい15%OFF! 2013年12月31日まで有効。

ユーロスターズ グラン バレンシア ホテル 4つ星
早期予約割引! チェックイン最低7日前のご予約でうれしい15%OFF! 2013年12月31日まで有効。

ホスタル オン ドルミーレ バレンシア 1つ星
うれしい20%OFF! 2013年12月31日まで有効。

Agoda.comが提供する世界中のホテル特別価格はwww.agoda.jpでチェックできます。また、Facebook:www.facebook.com/agoda、Google+:http://plus.google.com/+agodaでもぜひagodaをチェックしてみてください。