THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

Agoda が選ぶ2010年エスターテ・ロマーナに最適なローマのホテルTOP10

2015年9月20日 配信

agoda

シンガポール(2010年7月21日) – ナスダック証券市場に上場する米Priceline.comのグループ企業であり、世界中のホテルを取り扱うアジアの大手ホテル予約サイトAgoda.jp は、「2010年エスターテ・ロマーナ(ローマの夏)」祭典の時期に合わせてローマのホテル・トップ10をここに発表します。

「ローマの夏」という意味の「エスターテ・ロマーナ」とは芸術、ミュージカル、演劇、芸術のイベントが開催される夏の長期間の祭典のことです。この祭典は33年間ローマで開催されているイベントで、多種多様な側面を持つローマ文化と伝統を体験することができます。ほとんどのイベントは6月から8月に開催され、プログラムは10月末まで続きます。

エスターテ・ロマーナの開催期間中、ローマの都市全体は郊外から歴史的中心地までステージに様変わりします。クラシック、ロック、ジャズのコンサートは公園や広場で開催され、屋外映画はテヴェレ島で上映され、イタリアの夏の夜をゆっくりと過ごすことができます。

150種類以上の個別イベントが今年の祭典で開催される予定です。美しい17世紀のドーリア・パンフィーリ公園はイタリアで最大の公共公園で、手入れが行き届いた庭園では演劇とミュージカル作品が開催されます。古代のアウグストゥスの凱旋門では歴史ショーが開催されます。また、今年の祭典ではエルトン・ジョン、ガンズ・アンド・ローゼス、ノラ・ジョーンズとエルビス・コステロなど有名な音楽家が上演する予定です。

イタリアのクラシック音楽ファンにはもってこいの、「ラ・トラヴィアタ」、「アイダ」、「リゴレット」の3種類のヴェルディ・オペラを満喫することができ、文学通はローマのシルヴァーノ・トチ・グローブ劇場で開催されるシェイクスピア演劇を満喫することができます。

Agoda は観光客がエスターテ・ロマーナで最高の思い出ができるように、ローマのホテル・トップ10を選びました。あるホテルには夏の季節に最適な快適に過ごせるプールが備わっており、あるホテルにはローマの都市全体を見渡せる屋上テラスがあり、また他のホテルからはローマの見事な歴史遺産を眺めることができます。Agoda.jp でホテルを予約すれば、大幅に宿泊費を抑えることができます。

Agoda が選ぶローマのホテル・トップ10

  1. コルベ・ホテル – 歴史的、コロセウム近辺この由緒ある4つ星ホテルはパラティヌスの丘と古代ローマ・フォルム(公共広場)の隣、コロセウムからほんの少し歩いた場所に位置しています。3泊以上予約すれば、15%割引。特典有効期間は2010年8月31日まで。
    http://www.agoda.jp/europe/italy/rome/kolbe_hotel.html
  1. グランド・ホテル・プラザ – 歴史的、高級、中心地
    この高級ホテルは1800年代に建造され、豪勢にもその時代様式で装飾されています。このホテルはローマの中心地、アウグストゥスのテヴェレと霊廟のすぐ近くに位置しています。3泊予約すれば、4泊宿泊可。特典有効期間は2010年8月31日まで。
    http://www.agoda.jp/europe/italy/rome/grand_hotel_plaza.html
  1. ベットーヤ・メディタラーネオ – レテロ風、屋上景色、中心地
    メディタラーネオは伝統的アールデコ調なので、このホテルに滞在する宿泊客は1930年代にタイムスリップしたかのような錯覚に陥るのに対して、このホテル周辺にはローマ・テルミニ駅とサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂があります。3泊分の宿泊料で、4泊滞在可。特典有効期間は2010年9月5日まで。http://www.agoda.jp/europe/italy/rome/bettoja_mediterraneo.html
  1. メリア・アウレリア・アンティカ・ホテル – プール、ビジネス・レジャー施設
    この4つ星ホテルはローマ郊外に位置し、広大なプールとフィットネスルームを含むレジャー施設を完備しています。また、ビジネスにも便利で、バティカン宮殿から地下鉄でほんの数駅目に位置しています。2泊以上14日前までに予約すれば、20%割引。特典有効期間は2010年12月31日まで。
    http://www.agoda.jp/europe/italy/rome/melia_aurelia_antica_hotel.html
  1. ブラック・ホテル – 上品、現代風、広大なプール
    このデザイナーズホテルはローマ郊外に位置し、宿泊客は優雅に過ごすことができます。無料シャトルが運行しているためホテルとローマ中心地の間を往復することも簡単で、またフロントでオートバイをレンタルすることもできます。30日以上前までに予約すれば、15%割引。特典有効期間は2011年4月まで。
    http://www.agoda.jp/europe/italy/rome/black_hotel.html
  1. ヴェネト・ホテル – 伝統的、高級、屋上テラスからの眺め、中心地
    ヴェネトの豪華な客室で王室気分を満喫することができます。このホテルはヴィア・ヴェネトに位置しているので、ローマの主要な観光名所まで徒歩圏内です。クラシック・ダブルルームを3泊分の宿泊料で、4泊滞在可。特典有効期間は2010年8月31日まで。
    http://www.agoda.jp/europe/italy/rome/veneto_hotel.html
  1. グランド・ホテル・デラ・ミネルヴァ – 17世紀のロマンス、上品な屋上テラスからの眺め
    この美しいホテルはパンテオンのすぐ近く、ナヴォーナ広場から徒歩数分の場所に位置しています。上品な本来の特徴とすべて必要な最新設備が備わったリフォーム済みの客室を満喫することができます。21日以上前までに予約すれば、15%割引。特典有効期間は2010年9月5日まで。http://www.agoda.jp/europe/italy/rome/grand_hotel_de_la_minerve.html
  1. ホテル・ダイアナ – ロマンティックな屋上庭園からの見事な眺め
    この魅力的な4つ星ホテルはローマ中心地に位置しているので、ローマ・テルミニ駅から数ブロック、トレヴィの泉から徒歩圏内の場所に位置しています。屋上庭園は食事を取るのに最適な場所で、一生の思い出に残るローマの光景を満喫することができます。2泊以上予約すれば、10%割引。特典有効期間は2010年8月31日まで。
    http://www.agoda.jp/europe/italy/rome/diana_roof_garden_hotel.html
  1. ザ・サボイ – 豪華様式、中心地、屋上からの眺め
    ザ・サボイは1886年に建てられたウンベルト1世様式のホテルの客室を改装した、地下鉄スパーニャ駅のすぐ近くに位置しているホテルです。広大な屋上テラスからはローマの遥か遠くまで見渡すことができます。7日以上前までに2泊予約すれば、15%割引。特典有効期間は2010年8月31日まで。
    http://www.agoda.jp/europe/italy/rome/savoy_hotel.html
  1. H 10 ローマ・チッタ – 近代的、屋上プール
    この4つ星高級ホテルはローマ近郊、地下鉄トラステヴェレ駅のすぐ近くに位置しています。このホテルは無線LANと広範囲におよぶビジネス施設を特徴としています。30日以上前までに予約すれば、15%割引。特典有効期間は2010年12月29日まで。
    http://www.agoda.jp/europe/italy/rome/h10_roma_citta_hotel.html

Agodaに関する詳細な情報はPR@Agoda.comまでお問い合わせください。エステート・ロマーナに関するすべての日程はhttp://en.estateromana.comune.roma.it/(英語のみ) にアクセスしてご確認ください。

###

編集者への一言

Agoda Company 株式会社 について:

Agoda 株式会社 (www.agoda .jp ) は、どこよりも安い料金の確保を専門とし、オンラインでホテル予約サービスを提供しています。Agoda .jp は米Priceline.com (Nasdaq:PCLN) のグループ会社として、アジアで7,000件のホテル、世界中で100,000件以上ものホテルとネットワークを構築しています。約350人のスタッフが、ビジネス客と観光客に最適なホテルの予約を提供できるよう、現地情報と取引関係を独自に活用し一流の予約サービスを提供します。

さらに、Agoda リワードプログラムに参加しているお客様は、宿泊の割引や、貯まったポイントを利用して無料で宿泊することもできます。旅行者に利用可能なホテルを限定するプログラムとは異なり、Agoda リワードプログラムは、いつでも、世界中のホテルに対してポイントが利用できるようになっています。太平洋アジア観光協会 (PATA) のメンバーであり、Agoda はより多くの旅行者に簡単、そしてもっとお手頃なお値段で旅行を提供することを目的としています。

【2010年7月21日掲載】