THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

営業再開のセントラルでもショッピングを満喫、厳格な新型コロナ対策も

2021年9月1日 配信

営業再開のセントラルでもは人々はショッピングを満喫、厳格な新型コロナ対策も

タイでは本日2021年9月1日より、新型コロナウイルス対策の制限が緩和され、これまで一部を除いて休業していたショッピングセンターなども営業再開。(参照 9月1日からの制限緩和の詳細「非常事態令第9条に基づく決定事項(第32号)」) 大手デパートのセントラルでも、多くの人々がショッピングを満喫したようです


セントラル・デパートなどを運営するセントラル・リテール社の最高経営責任者(CEO)であるヨン・ポカサブ氏は、同社の9つの事業グループすべての店舗の再開に向けて、公衆衛生対策を遵守し、安全性に対する信頼を築き、新型コロナウイルスの拡散を抑制する準備ができていると述べていました。

開店初日の9月1日はショッピングセンターの雰囲気は活気に満ちており、多くの人々は通常のライフスタイルや、十分な情報を提供してくれるスタッフのいる質の高い店舗でのショッピングを待ち望んでいたようで、社会活動や消費活動の再開に大きな反響があったそうです。

同社では公衆衛生対策を重視しており、従業員や顧客が安心して衛生や安全を確保できるよう、CCSA(タイCOVID-19状況管理センター)の方針を厳守しているとのこと。

セントラル・リテールの店舗の高度な公衆衛生対策は以下の通りです。

– 保健省疾病管理局による「D-M-H-T-T」対策を厳守する。

-すべての顧客、従業員、訪問者に常時マスクを着用してもらい、デパートや店に入る前に体温をチェックしてもらう。

-アルコールジェルはデパート内のすべての場所で入手できるように準備し、不足しないように1時間ごとにチェックする。

-毎週、無作為の従業員に、ATKで検査を行う。

-閉店後、毎日、売り場やエスカレーターの手すりなどを消毒剤とUVC装置で定期的に清掃・殺菌し、顧客が直接手に触れた商品は使用後にオゾンで殺菌する。

-すべての出入り口とサービスエリアに距離を置くスポットを設置し、訪問者の数を5平方メートルあたり1人以下に制限し、厳密なカウントシステムを使用する。

-現金はすべての紙幣をオゾンとUVCで殺菌し、お釣りとして顧客に渡す硬貨も殺菌する。

-空調システムにおいてオゾンとUVCによる殺菌を常時行い、空気循環システムの空気交換回数を10回以上に制御する。