THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

【環境汚染】パタヤでビニール袋に絡まった亀の死骸みつかる

2019年6月20日 配信

環境汚染が深刻なタイ。特にビニール袋は問題が大きく、海に捨てられたビニール袋を飲み込んで死んだクジラや亀のニュースが過去に報じられました。それを受けて現在は環境汚染への意識が高まり、ビニール袋を使わないに方向にタイは動いています。スーパーマーケットでも、繰り返し利用できるショッピングバッグが販売されています。



そんな中タイ東部のビーチリゾート・パタヤの南のジョムティエンの海岸で2019年6月18日夜、ビニール袋に絡まった亀の死骸が発見されました。死骸は絶滅危惧種の貴重なウミガメとのこと。パタヤ日本人会PJAニュースが伝えています。

パタヤ)またビニールに絡み死んだ海亀!ゴミ問題深刻|PJAニュース

このようにウミガメが死んでいるのが発見されるのは、このエリアで最近の2週間で既に3件目と、非常に多くなっています。
プラスチックやビニールなどの問題が、パタヤでもいかに深刻な被害を与えているかがわかります。
見つかったウミガメは絶滅危惧種に指定され、保護されている種のウミガメでした。

パタヤでは汚水が大量にビーチに流れ込んだり、パタヤ近くのラン島に溢れるゴミの問題など、環境汚染が深刻になっています。タイではゴミの分別はせずに自由にすてるのが慣習ですが、意識を高める意味も込めて、そろそろ日本と同じ様なゴミの分別が必要な時期かもしれません。

Jomtien:Near the entrance of SOI 19 in Jomtien a dead endangered sea turtle who appeared to be caught in plastic…

The Pattaya Newsさんの投稿 2019年6月18日火曜日

 

 

▼関連記事
タイでビニール袋80枚を飲み込んだクジラが死ぬ