THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ南部、男性が垂れた電線に触れて感電死(動画あり)

2019年4月14日 配信

タイ南部ナコーンシータマラート県で、垂れた電線に触れた男性が感電死するという事故が発生しました。



タイの電柱には大量の電線がかかっているからなのか、度々垂れ下がっている電線を見ることがあります。金属部分がむき出しの箇所もあり、電流が通っているかは不明ですが、非常に危険だと感じることも実際にありました。

タイ南部、男性が垂れた電線に触れて感電死

このように垂れ下がった電線は、たびたび見られます

タイ南部ナコーンシータマラート県で2019年3月25日朝、35歳の男性が、自宅前に垂れ下がっていた電線を取り除こうとして電線を掴んだ瞬間、感電して死亡しました。その瞬間も防犯カメラにより捉えられていました。

事故後、亡くなった男性の家族は、事故の責任を明らかにするために電力当局と電話会社TOTに問い合わせをしました。しかし事故発生からこの3週間で、責任の所在は明らかになりませんでした。

4月12日になって被害者の家族ら100人は役所前でデモ開催。事故について公表し、公正な調査と、責任の所在を明らかにすることを求めました。

なおバンコクでは、2022年までに全域での電線の地中化を行なうとしており、既にスクンビット通りなどは電柱が撤去されています。

 

▼関連記事
目の前に垂れ下がる電線を発見、これ大丈夫?~バンコクの街角の風景
タイ南部プーケットで25歳の電気工事士が電線に触れて感電死
バンコクの電線は2022年までに地中化【TVウォッチング】
バンコク・スクンビット通りの電線がなくなっていた!
オートバイ走行中にケーブルで女性の首切断、タイ東北部コンケーン