THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ警察「日本人グループの振り込め詐欺を以前より把握していた」

2019年3月31日 配信

タイ東部パタヤで、振り込め詐欺に関わったとされる日本人15人が、不法就労容疑で逮捕された2019年3月29日の事件。(参照 パタヤで日本人15人逮捕、振り込め詐欺か)。逮捕のきっかけは、振り込め詐欺のコールセンターとなっていた住宅のオーナーが、住宅内に多くの電話があることを不審に思い、警察に通報したことと伝えられています。



実はタイ警察は通報以前から、この場所で日本人グループが振り込め詐欺のようなことを行なっていたことを把握していたようです。タイ警察関係者からの話をパタヤ日本人会・PJAニュースが伝えています。

パタヤ:日本への特殊詐欺「日本の警察の方に伝えて」|PJA NEWS

PJA NEWSによると、タイ警察は日本人グループの存在を以前より把握していたものの、日本へ向けた振り込め詐欺については被害もつかめず、日本の警察でなければ捜査が行えないため、詐欺容疑での摘発が出来なかったとのこと。以下に警察関係者の言葉を転載します。

今回摘発したパタヤの日本への振り込め詐欺の拠点について、実際には、この日本人グループが振り込め詐欺のようなことをここでやっている事は、タイ警察ではかなり前の段階から掴んでいました。しかしながら、日本人の被害者が日本にいるとなると、日本の警察でなければ被害を把握できず、詐欺では摘発ができなかったのです。

そこで、この日本人15人を特定し、外国人でタイで労働許可など取っていないこと、にも関わらず、パタヤで実質的に就労している事などの証拠を積み上げていって、違法就労の容疑で摘発しましたが、これを立件するのは非常に大変な捜査となりました。

この事件では日本で多くの高齢者の方が被害にあっているでしょうから、詐欺についてはタイの警察から日本の警察に御協力をお願いして、容疑者は日本に強制送還を実施して、日本の警察に詐欺容疑の捜査をお願いしています。摘発した現場には、日本への詐欺に使われた大量の電話やルーターなどの通信機器、振り込め詐欺の日本語のマニュアル、詐欺の成績表などがありましたら、この現場と証拠とを押さえ、日本へ引き渡しをしています。

大変な捜査でしたが、日本ではこの振り込め詐欺によって、ご高齢の方が子供の為などと騙されて、なけなしの財産を奪われているという事を思うと、なんとか容疑者をたちを摘発して、被害の広がりを止めたいという思いで捜査をしてきました。

日本の警察の方に伝えていただく事ができるなら、是非、本摘発はタイ警察でも大変な捜査を積み上げてきた事件であることと、振り込め詐欺の被害を止めるために、本事件について、日本の警察で頑張って立件して欲しいという思いを伝えて下さい。

タイ警察関係者は最後に、この事件への思いについて、日本の警察へのメッセージを送っています。

สุรเชษฐ์ หักพาลさんの投稿 2019年3月29日金曜日

▼関連記事
タイ東部で日本人15人逮捕、さらに日本人2人とタイ人1人関与か
パタヤで日本人15人逮捕、振り込め詐欺か
なぜタイのパタヤが振り込め詐欺の拠点なのですか?
タイでは容疑者の実名報道、顔出し報道は普通ですか?