THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

なぜタイのパタヤが振り込め詐欺の拠点なのですか?

2019年3月30日 配信

タイのパタヤで、日本人振り込め詐欺グループ15人が逮捕されて、日本でも大ニュースになっています。なぜタイが拠点なのですか?そしてなぜパタヤなのですか?



2019年3月29日、パタヤで借りた部屋をコールセンターにして、日本へ振り込め詐欺の電話をかけていたとして、それに関与した日本人15人が逮捕されるという事件がありました。一度に日本人が15人も逮捕されるなど、過去に例を見ない大事件です!

パタヤで日本人15人逮捕、振り込め詐欺か

実は以前に同じくパタヤで、中国人ら40人以上が、中国向けの振り込め詐欺で逮捕されたという事件がありました。また度々、パタヤを拠点にしてオンライン賭博サイトを運営する、中国人や韓国人のグループが逮捕されます。なお日本人グループが振り込め詐欺で摘発されるのはタイでは初めてだそうです。

-------

タイが振り込め詐欺グループの拠点になる理由は、まずは物価の安さです。日本に拠点を作るとなると、コールセンターの賃料も高額ですが、タイはコストが大幅に抑えられます。また生活費も安いため、「かけ子」への報酬も安く抑えられているのかもしれません。

さらに報道でもありましたが、タイなど海外が拠点では、日本の警察が捜査しにくいこと。これがタイを拠点にしている一番の理由でしょう。今回の日本人グループの摘発は、コールセンター用に借りた部屋のオーナーさんが、室内に多数の電話機があることを不審に思い、タイ警察に通報したためだったそうです。オーナーさんの機転がなければ、多数の振り込め詐欺の被害者が出ていたでしょう。

独断ですが、パタヤが拠点になる理由の一つは、そこがビーチリゾートであること。「ビーチリゾートに住める」という誘い文句は確かに魅力的ですし、目の前に広がるビーチの開放感が、自身が「かけ子」という犯罪者であることを忘れさせてくれるのでしょう。

さらにもう一つの理由は、パタヤは娯楽が充実していること。昼はマリンスポーツを楽しめるのはもちろん、夜は夜でゴーゴーバーやバービアなどナイトスポットの充実ぶりはバンコクにも負けません。今回逮捕された日本人もみな男であるようなので、それが「かけ子」への誘い文句の一つになったであろうことは、想像に難くありません。

なぜタイのパタヤが振り込め詐欺の拠点なのですか?

摘発当日は、まだタイで日本人15人逮捕の報道はありません。日本での報道では、現在名前も伏せられ、顔はモザイクがかけられていますが、これから出るタイの報道では顔出し、実名になることでしょう。パスポートが公開される可能性もあります。(逮捕翌日、実名で報じられました)

甘い言葉で誘われ、わざわざタイまで訪れて、人生を棒に振ってしまうことになってしまいました。