THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

2019年のタイはデング熱が大流行、3ヶ月で9,044人が感染し7人死亡

2019年3月16日 配信
ヒトスジシマカ

ヒトスジシマカ

日本の厚生労働省によると、デング熱とは、蚊に刺されることによって感染する疾患で、急激な発熱で発症し、発疹、頭痛、骨関節痛、嘔気・嘔吐などの症状が見らるそうです。早期に適切な治療が行われなければ、稀ではありますが、死に至ることもあるのだとか。



2019年、タイはデング熱が大流行中。Workpoint Newsによると、1月1日から3月5日までに9,044人のデング熱患者が発生し、7人が死亡。1月のみでは5,555人の患者が発生しています。5,555人というのは、前年2018年1月の4倍の患者数です。なおナコンラチャシマ、ウボンラチャタニ、スリン、シーサケートは最も多くのデング熱患者が発生しています。

タイ保健省は2019年のはじめから、全国の病院でデング熱対策の緊急施設の設置を依頼。さらに、デング熱の患者数が15万人となった2013年の感染者数を超える恐れがある中、全国のヘルスケア担当者とミーティングを行い、デング熱の広がりを抑えるために何ができるかの議論を行っています。


大きなニュースになったため記憶している方も多いと思いますが、2015年に人気俳優のトリサディー・サハウォン(愛称ポー)さんが、デング熱に感染。足を切断するなど治療を続けていましたが、翌年バンコク都内の病院で亡くなっています。37歳でした。

デング熱の対策で最も重要なことは、蚊に刺されないこと。屋外では虫よけを使用するなど、蚊に刺されないよう充分注意してください。

 

▼関連記事
俳優ポー・トリサディーさん死去、デング熱闘病の末