バンコクで日本人観光客が大金を紛失!親切なタクシー運転手が届ける

2019年01月12日
カテゴリー: タイランドニュース

バンコクのタクシー運転手の中には、乗車拒否やメーター使用拒否をするなど、タクシー全体の評判を落とす不届き者運転手も多いです。しかし親切な運転手だって沢山いるのです!



タクシー運転手のソムポンさんは2019年1月8日夜、スクンビット通りソイ24で3人の日本人観光客を乗せ、ゴーゴーバーが並ぶ歓楽街ソイ・カーボーイのあるスクンビット通りソイ23へ向かいました。

3人を下ろした後、乗車した女性乗客が後部座席でバッグを発見。その中には15万3000バーツ相当のタイバーツと日本円の現金が入っていたのです。

ソムポンさんは女性客を断り、3人の日本人観光客を探しにスクンビット通りソイ23に戻りました。そこで3人は見つからず、3人を乗せたスクンビット通りソイ24へ行き、30分ほど3人を探し回りましたが、見つけることは出来ませんでした。

3人を探すことが出来なかったソムポンさんは、交通情報を発信するラジオ局に報告。無事3人を見つけることが出来たのです。

バッグをタクシーに忘れた日本人観光客によると、バッグをタクシーに忘れたことに気付いておらず、スクンビット通り23で紛失したものと思っていたとのこと。日本人観光客は感謝の気持ちを込めて、ソムチャイさんに5000バーツを渡しました。

 

▼関連記事
日本人男性がタクシーでバンコク空港へ、トランクに現金200万円など置き忘れる
バンコクの善良なタクシー運転手により、9,800ドルがアメリカ人男性の手に戻る

関連記事

タイの医療大麻、栽培法拡大を閣議決定
タイ東北部でゴールド強盗事件発生、容疑者は銃撃戦で死亡
愛する人に会うためタイに入国したい!署名活動実施中 #LoveIsNotTourism
【タイの新型コロナ】新規感染確認はロシア人女性1人<2020年8月4日>
日本の「MKレストラン」で夏のカレー鍋スープ!『コク旨マイルド 』と『 激辛ハバネロ』

新着記事

ピサヌロークのタクシー、メーター使用で初乗り40バーツ
タイの医療大麻、栽培法拡大を閣議決定
「すかいらっく」の日本のカレー屋さん「KARE’YA」
タイ東北部でゴールド強盗事件発生、容疑者は銃撃戦で死亡
愛する人に会うためタイに入国したい!署名活動実施中 #LoveIsNotTourism