THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

ミッケラー・バンコクが1位獲得! CNN「ビール通が選ぶアジアのベストバー10選」で

2014年5月31日 配信

ミッケラー・バンコク

CNNの発表した「ビール通が選ぶ、アジアのベストバー10選」にタイから2店がランクイン。バンコク・エカマイ通りソイ10の「ミッケラー・バンコク(Mikkeller Bangkok)」が見事一位を獲得。また、8位にはバンコク・トンロー通りソイ13など4店舗をかまえる「BREW ビアーズ&サイダーズ(BREW BEER & CIDER)」もランクインしています。

Mikkeller Bangkok http://www.mikkellerbangkok.com/
BREW BEER & CIDER  http://brewbkk.com/

1.ミッケラー・バンコク(タイ・バンコク)
ミッケラーは、2006年に高校の科学教師だったミッケル・ボルグ・ビャーグソ氏が仲間と共同でデンマークのコペンハーゲンに設立した、特定の醸造所を持たない「ファントム(実体のない)ブルワリー」だ。
ビャーグソ氏は、毎年100種類以上のミッケラービールをすべて欧州や米国の信頼できるホストブルワリーで醸造している。ビャーグソ氏が開発したこの手法は、今や世界の多くのブルーマスター(醸造責任者)が採用している。
ビャーグソ氏は実験的な方法でさまざまなレシピを開発しているが、そのレシピは1度しか使われないことが多い。古いバーボン用のたるの中で8カ月間寝かせて作るビア・ギーク・バニラ・シェイク(バーボン・エディション)もその1つだ。
ミッケラービールは、その独特な風味と希少性で多くの熱狂的ファンを獲得してきた。今年1月にオープンしたミッケラー・バンコクは、アジア初のミッケラー・バーで、コペンハーゲンにある明るく、陽気な設計の「ミッケラー&フレンズ」バーをモデルに作られた。バンコクで最多の30タップを備え、その約半数がミッケラービールに割り当てられている。

8.BREW-ビアーズ&サイダーズ(タイ・バンコク)
BREWは、2004年にバンコク初の正式な地ビールバー「ハウス・オブ・ビアーズ(HOB)」をオープンし、バンコク市内に6店舗、チェンマイに1店舗を構えるまでに成長させた実業家クリス・フー氏の2つ目のビール事業で、こちらもフー氏が「毎晩が金曜日の夜のよう」と語るほど大盛況だ。
BREWの店自体は小規模で、座席数も少なく、これといった特徴はないが、トンローにあるおしゃれな複合商業施設「SEENSPACE13」の中庭の座席エリアを共有しており、さらにバンコクのどのバーよりも豊富な種類のビールを揃える。屋外は同業者のパーティーのような雰囲気で、店内はより落ち着いたパブになっている。

CNN.co.jp : ビール通が選ぶ、アジアのベストバー10選 より引用