THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

第24回 朝食&ランチ共、日本人に細やかな心遣い バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

2015年9月23日 配信

2013年4月19日 掲載

自腹で泊まったホテル
グランド ミレニアム スクンビット ホテル
(Grand Millennium Sukhumvit Hotel)

お楽しみの朝食なんですがー・・・

グランドフロアから見上げると中二階にあるような不思議な作りのレストランでいただきます。

すまん、またやってもうた。朝食の写真を撮り忘れるっていうやつをやっちまったー。

というわけで・・・特徴的だったことを述べさせていただきましょう。

まずはバイキングの種類も豊富で、言うことなしなのですが、特筆すべきは「納豆」です。

納豆を置いてあるホテルも多いのですが、ここの納豆はすごかった。
大きなどんぶりにオブジェのような高さ30センチはあろうかという山盛りの納豆。
はっきりいって恐い。
しかし、その横には小皿に、しょうゆ、からし、など比較的日本人が
納豆に使うだろうというものが添えられていて、しかもご飯ジャーに白飯(のぞかなかったけど
タイ米は別にあったからもしかして日本米かも?)がどーんとあり、
ほぼ日本スタイルでいただける配慮ができていた。

ここに感動。

なぜって?

実は、かのTHE PNINSULA BANGKOKの朝食にも納豆があるんだが、それがすごいんだ。

直径3センチくらいのかわいい小皿(りかちゃんハウスのお皿くらい)に納豆を10粒くらい
かわいく盛り付け、ずらっと並んでいるんだが・・・

それだけ。

あれ?ねえ、これどうやって食べるの?っていう(爆)。

それに比べると、日本人が納豆をどうやって食べたいのか、という、心遣いがなされているのはこのホテルの勝ち。

そりゃ、よっしぃだって納豆は好きですよ。でもぉ、ほらぁ、日本人の乙女がぁ・・・朝から髪の毛に
納豆の糸を巻きつけたり、口をねばねばさせながら高級ホテルでお食事ってのもぉ、なんかねぇ。

というわけでせっかくご配慮いただいていたのに、食べませんでした。

で、かろうじて撮った写真は、この時の宿泊プランについていらランチ無料の特典。

バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

観光客向けかと思いきやタイ料理が本格的に辛くて美味しかったー。で、ローストビーフやポークのお肉類が充実していて、よっしぃみたいな肉大好き女子には嬉しい限り。

休日のビールはうまーい!ってことでビールと共にいただきましたよん。

で、お刺身もあるのですが、ガラスの小皿に、マグロとサーモンの2種を盛り付けてありまして、
なぜか2皿もぺろりしちまいました。日本まで我慢できなかったよ。

バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

というわけで総評です。

華美というよりは上品、上質、にこだわった感が伝わってきたこのホテル。
ご夫婦、カップル、友だちといった大人2人組までの旅がおすすめ。

家族旅行にはお部屋が手狭なのと、どちらかというとビジネスマン向けの香りがする
作りが、子どもがいると浮くような雰囲気。

悪いところがなかったので、このホテルのちょっと惜しいところだけ・・・

1.駅からエントランスへの便がちょっと悪い。というのも、シェラトングランデ、グランドセンターポイントターミナル21、ウエスティンがほぼBTS直結なので、比較されちゃう。
正直、道を挟んで反対側のフラマの方が、地下鉄の入り口から近いので便利。

2.やはりもう少しプールが大きいと嬉しい・・・。

しかし・・・宿泊以外でこのホテル、よっしぃをはじめ酒飲みにとって天国のような場所があります。それは・・・それは・・・

震えて待て!

次回番外編 五つ星ホテルの麗しいダイニングでワイン飲み放題~! つづく

(記事・写真 吉田彩緒莉)

自腹で泊まったホテル
グランド ミレニアム スクンビット ホテル
(Grand Millennium Sukhumvit Hotel)

関連記事

第25回 五つ星ホテルの麗しいダイニングでワイン飲み放題~! バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」
第23回 大きなデイベッドで大の字で寛ごう!こじんまりとした屋外プール バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」
第22回 落ち着きがいい。上品かつモダンな客室 バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

第21回 素敵なアメニティと「こんにちはお風呂」 バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

第20回 吹き抜けはアソークの小宇宙や~(ばい彦摩呂) バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

第19回 アソークの上品ホテル、外見はドバイっぽい? バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

吉田 彩緒莉(よしだ さおり)

お酒大好き、タイ大好き

ミュージシャンの事務所での会報編集や、国内旅行情報誌の編集・ライター、アイドルサイトのライターなど、ささやかに文でご飯を食べている者。日々たまるストレスを癒すべく「あーあ、貧乏人のオラでも贅沢できる国はないだべか?」とつぶやきながら初めて降り立った タイランド・・・あの日から十数年。 あまりにもコストパフォーマンスのよいタイのホテルにのめり込み、ストーカーのようにタイの最新ホテル情報をチェックしまくる日々。そのため、ガイドブックのホテルページの部屋が違うホテルだったのを、何度も見つけては優越感に浸るインケンさも持ち合わせる。常に貧乏のため、高いホテルではなく、いかにコストパフォーマンスが良いか、どうやったら安く泊まれるのか、ということに喜びを感じているので「オリエンタルホテル、泊まってないじゃーん」とか「ゲストハウスのレポないじゃーん」とは思われるはず。それからタイは好きだけどまだ行っていない場所もあるから、網羅はしてないよ(照)。

わかりやすすぎるタイトルのブログ「タイ大好き!」で、タイのおいしいお店やら、エピソードをひたすら書き綴り中。
タイ大好き! http://plaza.rakuten.co.jp/gogoyosee/